ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷やす? 温める? 症状別に疲れを速効解決する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長時間にわたるパソコンでの作業や、スマホの使用など、私たちの生活は、目を酷使する状況に囲まれています。一日の終わりに目がぼんやりとした感じはありませんか? もしかしたら、かなり“疲れ目”が進んでしまっているのかもしれませんよ。

“疲れ目”の原因はこんなにもたくさんある!

ひとことで疲れ目と言っても、その原因はいろいろです。目がショボショボしたり、赤く充血しているのは疲れ目の証拠。次のような疲れ目の原因に心当たりはありませんか?

□長時間にわたってパソコンやスマホの画面を見る
□読書や映画鑑賞など長時間集中して目を使う
□コンタクトレンズや眼鏡などが合っていない

これ以外に、ドライアイも疲れ目の原因です。健康な人は1分間に15回位、まばたきをしていますが、パソコンやスマホの画面に集中している人のまばたきの回数は、1分間に4、5回程度。まばたきの少ない目は乾燥が進み、疲れ目の原因になるだけでなく、症状が進むと眼痛を起こすこともあります。

“疲れ目”防ぐシンプルな方法は?

疲れ目にならないためには、次のような方法が有効です。

◯パソコンを使った仕事は1時間に1回10分程度の休憩を取り、目のストレッチや遠いところを見て、眼筋の緊張をほぐす。
◯パソコンの画面は最低でも25㎝は目から話す。体の正面にパソコンを置き、左右の目から距離を同じに保つ。
◯仕事でパソコンを使う時は、仕事以外でのPCやスマホの使用はできるだけ少なくして目を休ませる。
◯しっかりと睡眠を取る
◯目に良いとされる成分を毎日意識的に摂取する

“疲れ目”を速効で解消する方法は?

目の疲れは、「目がショボショボする」、「目が充血する」などの症状に現れます。どちらの症状かによって、即効で解消する方法が異なります。

【ショボショボするときは目を温める】

目がショボショボするのは、目やその周辺が血行不良になっている時です。目の周りを温めることで、血行を促進しましょう。レンジでチンした蒸しタオルを目の上に置くだけで、筋肉がほぐれて血行が良くなります。

【充血していたら目を冷やす】

鏡をのぞいて目が充血していたら、炎症を起こしている証拠です。そんな時は、冷たい水で絞ったタオルを目の上において冷やしましょう。クールダウンするので、少しずつ目の充血も治まってきます。

writer:岩田かほり

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP