ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相対性理論、7月22日に初の武道館公演『八角形』開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

相対性理論による自主企画ライブ・相対性理論 presents 『八角形』が、7月22日に日本武道館にて開催されることが決定した。

先日、待望の最新アルバム『天声ジングル』を4月27日に発売することを発表した相対性理論。2015年3月22日に開催された相対性理論×Jeff Millsによるライブ『回折III』以来、 じつに1年4ヶ月振りとなるライブは、相対性理論史上初となる武道館公演だ。

この公演を記念して、2008年6月13日に行なわれた相対性理論第一回目の自主企画ライブ『実践I』から長年に渡り相対性理論の全ての自主企画ライブの制作を共にしているイベンター・ DUM-DUM LLPの野村幸宏氏からコメントが届いているので、こちらも是非ご覧になってほしい。

なお、プレミアムチケットの先行予約申し込みは19日の18時30分よりスタート。プレミアムチケットにはここでしか手に入らない限定Tシャツがついてくるとのことだ。

更に今回のライブへの、東京以外の地方からの来訪希望者のため、各地方から会場の武道館へ向かうバスツアープランも登場。ツアープランの詳細は下記のサイトからチェックしてほしい。

■相対性理論 日本武道館公演「八角形」行きバスツアー 詳細ページ
http://bnana.jp/products/stsr-hachikakkei-banana-tour/

【DUM-DUM LLP 野村幸宏よりコメント】
相対性理論 presents『八角形』が’新しい音楽体験’である理由。 あるアーティストさんは「大きなタマネギ」と表現したアーティスト憧れのコンサート会場、日本武道館。 タイトルの『八角形』と捉えたグループが他にいたのかどうかは定かではないが、彼女達のように独力の制作方法論でここまで辿り着いたアーティストはいないと思う。 既存の大きなシステムやフォーマットを使うのではなく、彼女達は活動当初から全く変わらないDIYかつミニマムな体制で新たな仕組みを作りだしてきた。 相対性理論のライヴが、他公演と一線を画す特殊体験であることの意味は、こんなところにもあるのではないだろうか。 そして、今回の試みが、いかに貴重なものであるかもご理解いただけるだろう。 音楽産業の様相が激変し、レコード(音の記録)とライヴの持つ意味が書き換えられつつある今、レコード会社にもブロダクションにも所属せず、独自の音楽と、音楽をめぐる仕組みそのものを自分たち自身で作り上げてきた相対性理論。彼女たちがライブという行為を正しく定義してくれる公演が『八角形』。 見のがせない!とだけ言っておきます。

相対性理論 presents 『八角形』
7月22日(金)  日本武道館
開場18:00 開演19:00
※チケット一般発売日:2016年6月4日(土)10:00〜
<料金>
・プレミアムチケット
¥8,940(税込)
※プレミアム特典:『八角形』プレミアムチケット限定Tシャツ付き(Tシャツは男女兼用 フリーサイズとなります)
※HP先行予約特典:やくしまるえつこイラストチケット
・指定席
¥6,900(税込)
※HP先行予約特典:やくしまるえつこイラストチケット
※3歳以上チケット必要

■オフィシャルHP先行(抽選)
・プレミアムチケット
※受付期間:2016年2月19日(金)18:30〜3月9日(水)12:00 受付
http://eplus.jp/stsr-ohp/
・指定席
※受付期間:2016年3月24日(木)18:30〜4月12日(火)12:00
http://eplus.jp/stsr-ohp2/

OKMusic
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP