ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指せ独立!経営者に求められるスキルとおすすめ資格3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社に勤めている間は、社会人としての知識と経験、人脈を作りに徹底し「いつかは独立したい!」と野心を燃やす方もいるでしょう。ここでは、そんなあなたにオススメしたい、経営者に求められるスキル磨きのポイントとそれに役立つ資格についてまとめています。

独立すれば、一国一城の主!経営者に必要となるスキルや知識とは?


マーケティングに関する知識

起業しようとする業界についての知識はもちろんのこと、マーケット全般に対する幅広い知識が必要です。ターゲットとする顧客に対してどのようなメリットを提供できるのか、これらを考え組み立てていくために必須の知識になってきます。商品やサービスのアイデアのみで勝負しマーケティングが欠落していては、顧客から相手にされずにいずれマーケットから退場宣告をされてしまうことでしょう。

組織をリードしていくスキル

独りで事務所を構えるのであれば別ですが、少人数でもパートナーとともに起業するのであれば組織に関するスキルも欠かせないものとなります。起業の目的や進むべき方向性への理解を促し、同じベクトルに揃えていくためには、組織をリードするスキルがポイントになります。単に組織論を学ぶだけに留まらず、メンバーの心を動かしていける人としての魅力も合わせて持っておきたいところです。また、業務規模を拡大するときに人を採用する際にも必要不可欠でしょう。

キャッシュフローをデザインできるスキル

企業を継続させるためには、単純に売上を上げるのみではなく”利益”を生み続けなければなりません。そして帳簿上の利益だけではなく、実際に”キャッシュフロー”として資金を回し続ける必要があります。営業していく上での投資と回収にサイクルを、リアルに描いていくスキルが求められます。

経営者になりたい方にオススメの資格


中小企業診断士

中小企業診断士とは、企業の経営状態を調査分析し、その改善を図るための各種提案をするための国家資格です。マーケティングや財務面など、客観的に自社の分析をするために必要な知識とスキルが身に付く資格のため、起業して経営者になりたいと考える方にはオススメできる資格と言えるでしょう。

日商簿記検定

経営者に帳簿付けは必要ない、と思われるかもしれませんが、ビジネスにおける販売や仕入れ、生産などの各種取引を的確に記録していく簿記の技術はベースとして必要な知識であると言えます。日商簿記検定では、商業簿記と工業簿記の基礎部分をカバーする2級の合格までは最低限必要と言えるはずです。社長が決算書を読めないということは、絶対に避けなければいけません。

マーケティング・ビジネス実務検定

経営者には、限られた範囲の知識ではなく特定の業種や業界にとらわれない幅広いマーケティング知識が求められてきます。マーケティング・ビジネス実務検定は、C級からA級までの3段階に分かれていますが、マネジメント・戦略レベルのA級を目指すことが必要になってくると考えられます。

起業家精神があってはじめて、スキルや知識が活きてきます

独立して起業するために必要なスキルや知識、資格は多く存在しますが、それらを身に付ける以前に起業家精神があるか否かが重要です。「この事業を成功させる」といった起業に対するマインドセットがあってはじめて、そうしたスキルや知識が活きてくると言えるでしょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP