ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ほんの数分でピザを調理するには、ガスレンジの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。

本格石窯風ピザが
たった6分で完成!?

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」

本格的な石窯風──こう称すのも、“石窯っぽさ”にとことんこだわった作りだから。アメリカのピザ用品専門メーカーPizzacraftが製作した「The Pizza Pronto」は、自宅のガスレンジでもあの石窯焼きのおいしさを再現できる!らしいのです。ポイントは2つ。

ひとつ目は、このピザオーブン内部に仕込まれたセラミック板。円形のアイボリー色がそれです。セラミック板は二重構造になっていて、この上にピザ生地をおくと、伝わった熱がほどよくオーブン内に充満して、こんがりピザが焼き上がるという仕掛け。また、上部天板に開いた穴から余分な蒸気が抜けることで、ふっくらパリパリの仕上げを実現。

ガスレンジに乗せるだけ
300度以上で手早く焼き上がる

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」

もうひとつのポイントが、約315度の高温で短時間で一気に焼き上げる点。前述のセラミック板のおかげで熱伝導も早いというのがミソです。ただし、この温度に達するまでの余熱時間として約10分は待たねばなりません。ここはガマン!
補足ですが、Pizzacraft社の調べによると、一般的なオーブンを使用した際に315度まで余熱で温めてから、焼いた場合の7倍早いんだとか。

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」

焼き上がりまでの時間は約6分、と動画は説明しています。が、途中3分ほどで一旦蓋を開けて、ピザをぐるりと180度回転させる。これで焼きムラがなく仕上がるんだそう。

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」

最後にフレッシュバジルをのせれば、できあがり〜!どうです、この焼き上がり。本格“石窯風”がいい感じに再現されているのでは?

ところでこのピザオーブン、残念ながら今のことろアメリカ国内のみの販売なんだそう。179ドル(約2万円)と手が届く価格だけに、Amazon経由などで手に入る方法ができるといいですね。

Licensed material used with permission by Pizzacraft

関連記事リンク(外部サイト)

ワッフルメーカーで作る「ピザ」が簡単で美味しそう(レシピあり)
【これは便利!】コロコロ転がすだけで切れる「包丁」
「ビスケット」「クッキー」「サブレ」の違いとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。