体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

REVALCY、SPECOCOとの初コラボライブで「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」初披露

エンタメ
REVALCY、SPECOCOとの初コラボライブで「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」初披露

REVALCYとして初となるコラボレーションライブ「REVALCY × SPECOCO Collaboration Live “リヴァコッコ”」が、2月17日東京・渋谷TAKE OFF7にて開催された。

記念すべき初のコラボ相手は、藍井エイル、チャングンソクなどのサウンドプロデュース、レコーディングディレクションを手掛ける小川智之率いるクリエーター集団SPECOCO。今回のコラボレーションのきっかけは、REVALCYのセカンド・シングル「EXIT」のカップリングに収録された「君なんだ」を、SPECOCOメンバーである小川智之、Sakuが手掛けた際、REVALCYのメンバーと意気投合したことで実現した。

ライブ当日はREVALCYからスタート。
SEで登場するとアップナンバーの「M.A.Z.E」で一気にオーディエンスを盛り上げ、続いてデビュー曲である「WHITE of CRIME」「Nothing’s too late」さらに昨年末に行われた初ワンマンライブで披露したダンサブルなオリジナル曲「BAD FLY」と3曲続けて披露し変幻自在のハーモニーワークと抜群の歌唱力でオーディエンスを魅了した。

そして、SPECOCOからギターのSaku、キーボードの吹野クワガタを呼び込みカバー曲「はじめてのチュウ」、オリジナルバラード「残像」をアコースティックスタイルでしっとり歌いあげた。

あたたかい雰囲気の中、後半戦さらにSPECOCOのメンバーから、ギター&ボーカルの小川智之、ベースokamu、ドラム海老原諒、コーラスNINOが参加し、REVALCY初のバンドスタイルにて「Hallelujah!」「EXIT」「君なんだ」を披露し一気に会場を盛り上げていく。「SPECOCOとのご縁があり、こうしてみなさんと出会えた事が本当に嬉しい。これからもまたコラボだったりいろんな事に挑戦し続けます!」と語ったあと、コラボ曲「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」をライブ初披露、盛大な拍手を浴びながら笑顔溢れるステージとなった。

続いて登場した、SPECOCOのライブでは、「ひとりかくれんぼ」「バトン」「笑顔が消える前に」などバラエティに富んだ全11曲を披露。「久しぶりにメンバー全員が揃いました。いつも応援してくださるみんなありがとう!今日をもってしばらくライブはないですがいい曲を作ってまた帰ってくるので楽しみに待っていてほしい!」とファンへの感謝と次回作への意気込みを伝えステージをあとにした。

鳴りやまない拍手喝さいを受け、再びSPECOCOとREVALCYが登場する。

アンコールでは、本編でも披露した新曲「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」を振付けつきで披露。この振付けは、ツイキャス番組で事前にファンのみなさんと一緒に考えたもので、今日を楽しみに集まってくれた全員で大盛り上がりとなる。まさかの「もう一回!」という声が鳴りやまずオーディエンスの声に答え3回目の「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」を披露し大歓声の中、初のコラボーレーションライブは大成功にて幕を下ろした。

現在「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」は、配信限定にてリリース中。REVALCYの次なるコラボレーションにも期待したい。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会