ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

55才男性 もの忘れひどく手の甲に銀行の暗証番号をメモ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間、年をとるともの忘れがひどくなっていくもの。どうにかして忘れても大丈夫なように対処していくわけだが、その方法が重要だ。東京都に住む51才の女性Tさんは、生保会社勤務の夫(55才)と結婚20年目。その夫がとんでもない方法でもの忘れをカバーしているという。Tさんが告白する。

 * * *
 ここ数年、もの忘れが激しくなった夫が編み出したのが、手の甲にメモすること。ずいぶんアナログな方法だけど、「メモ帳はダメ。メモしたことを忘れちゃう。でも手の甲に書いておけば、いやでも目につく」と言われると、納得。

 私がトイレットペーパーを頼んだら手の甲に「トイレ紙」。ゴミ袋を頼むと「ゴミ袋」って大書き。たしかに「あ、忘れた」という回数は激減したわよ。でも、「最近、電車に乗ると、みんなオレのこと見て笑うんだよな」と言い出した。夜のラッシュ時、つり革につかまっているとクスクス笑われるって。

 夫の手をあらためて見て、「そりゃそうだ」と噴き出したわよ。「飲み代、借りた2800円払う」だの「部長に謝る」だの、「遅刻しない」だの、さえないおっさんの暮らしが丸見え。

 でもそのうち、笑いごとではすまなくなってきたの。なんと、銀行の暗証番号とか、パソコンのパスワードまで書き出したんだから。

「いや、暗証番号だなんてわかんないよ。わかったところで、どこの銀行かは…」って。その銀行名のイニシャル、4桁の数字の横にキチンと並んでるじゃない!

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タクシー車内の隠語 工事中、大きな忘れ物、カバンの忘れ物
指のうぶ毛は剃っていいのか悪いのか?の議論に終止符
耳くそを妻の手の甲につけるバカ夫に妻「やめて!」と激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP