ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「親が認知症かも…」 無理やり病院に連れて行くのはNG

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚生労働省の見通しによると、2025年には高齢者の5人に1人がなると言われる認知症。決して他人事ではなく、自分の親が認知症になるということも十分に考えられるのだ。では、もしも「認知症かも?」と思ったら、どうすればいいのだろうか?

 無理やり病院に連れて行くのは絶対にNGだという。本人にはプライドもあり、「認知症」という言葉にアレルギー反応を起こす場合も多いのだ。川崎幸クリニック院長で、「認知症の人と家族の会」副代表の杉山孝博さんが言う。

「子供が“急いで受診させないと”と焦ると、焦った様子が親にはすぐにわかります。認知症のかたは驚くほど鋭敏ですから。それよりも、例えば風邪をひいて頭が痛いとか、めまいがするといった時に、チャンスと思って病院に行く。その際は医師にあらかじめ『風邪できましたが、実は認知症の疑いがあって、1回検査を受けさせたいのでこの機会にお願いします』と伝えておく。医師がうまく乗ってくれれば『頭が痛い場合、時には脳の病気もあるかもしれないから、今からちょっと検査しましょうね』と誘導してくれます。これなら、嫌がらずに検査を受けてくれるはずです」

 ただし、医師のすべてがこうした対応に慣れているわけではない。あらかじめ、あなたから医療相談窓口のソーシャルワーカーに相談しておき、医師に事情を説明しておいてもらうと、よりスムーズだろう。本人に「もの忘れがひどい」などの自覚がある場合も、「精神科」に行くのはハードルが高いが、「もの忘れ外来」や「メモリークリニック」などの看板を掲げているところなら受診しやすいだろう。準備段階だけではない、実際に受診する時にも、家族のサポートは重要だ。

「認知症の診断や治療のうえでいちばん大事なのは症状の把握です。いつ頃からどんな症状がどれくらい出ているのか。今、どの程度の生活上の混乱があるのか。それらはドクターと患者さんの間だけでは話が進まず、家族が伝える必要があります。というのも、患者さんはドクターの前ではしっかりした対応をするので、認知症らしき症状が見当たらないこともあるんです」(杉山さん)

 その結果、「認知症ではない」と診断されれば、それだけ治療の開始が遅くなることになってしまう。そうならないためには、家族が「半年ほど前から同じことを何十回も繰り返し言う」「通帳がいつもどこかになくなっている」といった具体的な症状やおかしな行動を、あらかじめメモに書いて渡しておくことがおすすめだ。

 診察の時に本人の前で言うと「そんなことはない」と反発したり、「告げ口するな」と言ってけんかになりかねないから注意してほしい。

「患者さんもプライドを傷つけられますからね。家族ができるだけこれまでの経過や病歴を書いて事前に窓口に渡しておく。するとドクターは本人の前で細かく聞く必要がなくなりますから」(杉山さん)

 医師が万が一、本人の前でそのメモを見ると、本人が気分を悪くするので、「本人には見せないでください」と書いておけばより安心だ。

 杉山さんのクリニックでは、脳のCTで認知症かどうかを診断する。認知症とわかれば、その場で本人、家族の前で告知をすることも。

「告知の目的は、継続的に診療を続けられるかどうか。本当の事実を言えばいいかというと、それだけではないんです。その点、手術を受けるかどうかを迫られるがんの場合とは違います。だから、『もの忘れが普通の人より強くなってきたので、もっと進まないようにお薬をのんだほうがいいんじゃないでしょうか』などとぼくは言います。皆さん、もの忘れがあるという自覚はありますので、納得されますね」

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症の医師の選び方 日本認知症学会HPで専門医を探す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP