ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おバカハーフ・滝沢カレン 3種類のボケを繰り出す破壊力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、「不思議な日本語」で注目を集めているのがハーフモデルの滝沢カレン(23才)だ。昨年6月、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に初出場し、その強烈なキャラクターで司会の明石家さんまを圧倒。以来、バラエティー番組に引っ張りだこになっている。滝沢はこれまでのハーフタレントやおバカタレントとはどう違うのか? テレビ解説者の木村隆志さんがその魅力に迫る。

 * * *
 現在は「日本語がおかしい」キャラがすっかり定着しましたが、もともと北川景子さんや水原希子さんらを輩出したトップモデルの登竜門『ミスセブンティーン』でグランプリを獲得した現役バリバリのモデル。日本人とウクライナ人とのハーフだけに、シャープでスタイリッシュな着こなしも多く、「目力の強さを生かしたクールビューティー系」という印象がありました。

 だからこそ、他のおバカキャラやハーフタレントよりも、見た目と発言のギャップが大きく、インパクトにつながっているのではないでしょうか。たとえば、おバカキャラの鈴木奈々さんや重盛さと美さんも、ハーフタレントのマギーさんやトリンドル玲奈さんも、見た目と発言のギャップはそれほどありません。その点、滝沢さんを見た視聴者は、目から入る姿と耳から入る発言がシンクロしないため、笑いやすいと言えるでしょう。

 クールビューティーな見た目と発言のギャップやハーフモデルという意味では、ローラさんやダレノガレ明美さんに近いとも言えますが、2人が失礼キャラであるのに対して、滝沢さんは「敬語で話そうとするけどうまくいかない」真面目キャラ。誰かをおとしめるような笑いではないので、家族で見られる安心感もあります。

 あの明石家さんまさんが「それどういうこと?」、浜田雅功さんが「いや、そんなに(日本語が)下手か?」と“ツッコミ”ができずに“確認”をするなど、滝沢さんの発言は違和感を飛び越えて、不思議というレベル。ただ、よく聞いてみると、3種類のボケを繰り出していることが分かります。

 1つ目のボケは、基本的な日本語の間違い。番組ロケで東京大神宮を訪れたとき、多くの参拝者がいると聞いた滝沢さんは、「そんなにこらっしゃる(「いらっしゃる」の間違い)んですか?」。間違えたことに気づいたものの、「そんなにたくさんの人がおらっしゃれている(「いらっしゃられている」の間違い)んですね」と別の間違いをしていました。これは小学生でも分かるタイプの単純なボケです。

 2つ目のボケは、丁寧に話そうとして失敗してしまうパターン。小林麻耶さんに「小林さん」と言おうとして「おたくさん」。「カッコイイ」とホメようとして「おカッコいい」。番組エンディングで明石家さんまさんに「今日は本格的なお笑いをありがとうございました」と話すなど、真面目な人柄がボケにつながっています。

 3つ目のボケは、練られた漫才のような言い間違い。カフェへ行って「とても内臓(「内装」の間違い)が素晴らしい」。「何の落ちぶれもなく(「前ぶれもなく」の間違い)」。スマホを片手に「さあ、二度見(「自撮り」の間違い)です」。初恋のエピソードで「彼は坊主大将(「ガキ大将」の間違い)だった」など、そのボケはナイツの漫才に近いものがあります。ボキャブラリーが少ない上に、言葉選びを間違えているからこうなってしまうのだと推察できますが、芸人真っ青のボケであることは間違いありません。

 この3つが口からポンポンと飛び出すのですから、滝沢さんを見て「面白い」と感じるのは当然。しかも3つのボケがランダムに飛び出すので予測がつかず、ただただ笑わされてしまうのでしょう。滝沢さんのボケを何かにたとえるなら、野球のナックルボール。投げているピッチャーですら、右へ曲がるか左へ曲がるか下へ落ちるか、あるいはまっすぐのままなのか分からない。滝沢さんもそんな無自覚なまま「結果的に3種類のボケを放っている」ような気がします。

 バラエティー番組の大半を芸人が占め“お約束”のような決まった形のボケが多い中、流れを分断するほどのボケは破壊力十分。滝沢さんに向けられる「内容が全然頭に入ってこない」「テレビに出ちゃいけない人なんじゃないの?」などの声は、存在感で芸人に勝っていることの証明です。

 今後、「テレビ慣れや話術が向上したときに、現在のキャラがどうなるのか?」という不安はありますが、「芸人同士のようなコンビ芸ではなく、単独でボケられる」使い勝手のよさは、制作側にとって魅力十分。バラエティー番組の強烈なアクセントとして、しばらくは活躍の場が与えられるのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ
10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る
「歯がいい人はボケにくい」との現実や歯の最新治療法を解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。