体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症介護を「楽しい!」と感じるのはどんな時?介護経験者100名に聞きました

認知症介護を「楽しい!」と感じるのはどんな時?

メディアでは辛いことがフォーカスされやすい認知症の介護。認知症ONLINEでは介護における「面白さ」や「楽しさ」についてフォーカスし、認知症介護経験者100名にアンケート調査を実施いたしました。

問1.認知症介護を「楽しい」と感じたことはありますか?

アンケート1

「楽しい」「面白い」と感じたことが「ある」が88.0%、「ない」が12.0%という回答でした。認知症介護経験者の9割近くが「楽しい」「面白い」その面白さをと感じたことがあるという結果になりました。
(※「ある」と答えた方の属性内訳:介護福祉職72%、介護家族20%、無回答8%)

問2.どんな時に楽しさや面白さを感じますか?

アンケート2

トップは、「本人と信頼関係を築けた時」(67.0%)。最初は症状が落ち着かなかった人が日に日に穏やかになる、 あるときから「ありがとう」等の感謝の言葉をかけられるようになる等、信頼関係の構築に面白さを感じる、という意見です。

続く2位は、「予想外の言動に遭遇した時」(64.0%)。次の行動やを予想できない、予想を超えるリアクションが返ってきた等、認知症特有の現象に面白さを感じる、という意見も目立ちました。そして3位は、「本人の理解を深められた時」(42.0%)。今まで気づかなかったご本人の一面を知った、素の部分を知った時に面白さを感じる、という内容です。

一方で、「専門知識が身につく時」(21.0%)や「介護技術を高められた時」(17.0%)という意見は比較的少数派で、知識や技術よりも人と人との関わりを通した面白さが上位を占めていることが特徴的でした。

自由回答で寄せられたコメントの一部をご紹介します。

■表情の乏しい利用者さまに、声をかけ手を握らせていただき、温もりを伝えあった時、パッと表情が明るくなり笑顔を見せてくださる瞬間は、なんとも言えず幸せを感じます。 (45~49歳/特養 介護士、女性)

■ほとんどは悲しい事でしたが、母が「今が一番幸せ」と言ってくれた事が未だに思い出されます。(40~44歳/女性)

■面白い発言、発想、解釈が聞けた時は抱腹絶倒。(40~44歳/女性)

■身につけた知識や技術を活用し、何度も何度もコミュニケーションを図り、その方の不安、好きなこと、生活歴や反応するキーワード等の情報を得た上で、更に深いコミュニケーションが図れたとき。 その繰り返しで得ることのできた信頼関係。(30~34歳/男性)

■ありのまま、自分の命を全力で生きておられるお年寄りの方と関われることはとても楽しく、わたし自身の心の奥底にあるものに訴えかけてくるものがあります。 最期の大切な時間を共に過ごさせていただけることへの喜びも大きいです。(35~39歳/女性)

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会