ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

玄葉外相、ロシア外相に「刺激的な行動の自制を要請した」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
玄葉光一郎外相

 玄葉光一郎外相は2011年9月9日午後の記者会見で、同日行われたロシアのラブロフ外相との電話会談の内容を明かした。玄葉外相は「(ラブロフ外相に対して)ここ数日の日本周辺におけるロシア軍機の動きを取り上げ、日本側の関心を伝えるとともに、刺激的な行動の自制を要請した」と述べた。

 8日、ロシア軍の爆撃機2機が日本列島を一周するような形で、日本領空近くを長距離飛行した。さらにロシア側が設定した一時危険空域において、ロシア軍機およびロシア軍空中給油機が合流し、給油を行うなどしている。

 玄葉外相は会見で、ラブロフ外相との電話会談の内容について、

「ここ数日の日本周辺におけるロシア軍機の動きを取り上げて、日本側の関心を伝えるとともに、刺激的な行動の自制を要請した」

と明かした。これを受けてラブロフ外相は「軍事演習については、(国際法上の)ロシア側の立場を述べた上で、関係当局を通じ、必要に応じて情報提供する用意がある」と答えたという。さらに、玄葉外相は

「主権に関わる問題については粘り強く対応し、受け入れられないものは受け入れられないとしっかり言うことが大切」

と主張。また同時に「静かな環境で、領土問題はしっかり解決させていくことが、例えば北方領土などでは大事だ」と述べた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] ラブロフ外相との電話会談の内容部分から視聴-会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63152517?po=news&ref=news#25:05
・[ニコニコ生放送] ラブロフ外相との電話会談の内容部分から視聴-会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63152517?po=news&ref=news#36:08

(山下真史)

【関連記事】
ロシア軍爆撃機が日本周辺を飛行 藤村官房長官「外交ルートを通じて懸念を表明」
ロシアが北海道北東部の沖合に「飛行危険区域」設定 藤村官房長官「これだけ近くは異例」
「放射能汚染」懸念、日本赴任を拒む外交官 「風評被害対策を強化」と玄葉外相
玄葉外相、日中間の誤解を生じさせないための「危機管理メカニズムを」
玄葉外相、電気料金の引き上げ検討について「看過できない」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。