ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平の「二刀流」はMLBでどう評価されているか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道日本ハムファイターズのアリゾナキャンプには連日メジャーのスカウトたちが訪れ、大谷翔平に熱視線を送っている。

 現8日には、初の対外試合となる韓国ロッテ戦に「3番指名打者」で登場し、2打数1安打。同10日には同じく韓国ロッテ戦に先発して2回を1安打無失点4三振。15球団50人を超えるメジャーのスカウトたちを唸らせた。

「ネクスト・ダルビッシュだね。今は投手の方が技術的に優れているが、打者としても素晴らしい」(ジャイアンツのスカウト、ジョン・コックス氏)

 ナショナルズのスカウトで元広島監督のマーティ・ブラウン氏も高評価だ。

「前田(健太)のルーキー時代より上だ。投打の二刀流のレポートを書いたのは初めてだよ」

 大谷は入団前から、将来のメジャー挑戦を公言しており、球団も容認しているとされる。気になるのは代名詞である「二刀流」が、アメリカでどう評価されているかだ。在米のスポーツジャーナリストが語る。

「キャンプ初日から3日連続で視察したパドレスのグリーン監督が“投打両方で使いたい”と明言するなど、二刀流を評価する声もある。しかし実際、メジャー関係者の本音は投手一本です。パドレスのプライアー投手コーチやホフマン特別GM補佐といったメジャーのレジェンドが、熱心にチェンジアップを指導していたが、打撃指導をする人はいない」

 メジャー研究家の福島良一氏も同意見。

「よく打つ投手は何人かいたが、同一シーズン10勝&10本以上の二刀流となれば1910年代のベーブ・ルース以来、世界最高峰のメジャーでは出ていません。メジャーのスカウトも、100マイル(160キロ)を投げる投手としての魅力を買っている。

 当初はDH制がないナショナルリーグなら、大谷の魅力を最大限に発揮できるかも、などといわれていましたが、そのナ・リーグもDH制を導入する動きが出ている以上、尚更投手に専念することになるでしょう」

 日本でも投手としての評価ばかりが上がっている大谷。メジャーの判断もあり、そろそろ二刀流は見納めとなるのか。それはそれで寂しい気がするのだが。

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日ハム大谷翔平 元祖二刀流の金田正一氏と週刊ポストで対談
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP