ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本人の墓石」で作った家に住む韓国人の悲しき事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国第2の都市、釜山。その郊外に位置する山あいの村には、「日本人の墓石」を建材として使った家が立ち並ぶ。何があったのか。

 釜山駅から南西約3km。きつい坂道を登っていくと、その村は突然現れる。

 隣の甘川洞文化村は地区全体をアート振興地域として売り出しているモダンな村だが、こちらの「西区峨嵋洞地域」は迷路のような路地が入り組んでいて、それとは一線を画している。

「西山家之墓」

 路地の縁にある段差には、一目見て墓と分かる石が埋め込まれていた。注意して見ると、家の基礎や塀などあちこちに墓石が使われている。プロパンガスや植木鉢などの台にされた墓もある。交番も、墓石の上に建っていた。

 実は、この地区の多くの家には、日本人の墓が建材として使われている。古くから住む住民によると、一帯には、日本統治時代に住んでいた日本人の墓を中心に300基ほどの墓と火葬場があったという。1950年代初めの朝鮮戦争の際、北部から避難してきた人々がこの地に住んだ。貧しく資金も建築資材もなかったため、墓石を土台に家を作ったり、路地の階段に使ったりした。

 かつて同地区を取材した経験を持ち、近著『禁断の現場に行ってきた!!』でレポートしたライターの村田らむ氏は、「現地は観光地化していて、韓国各地から観光客が訪れていました」と語る。

 一帯を歩くと、墓石の上に家が建っていることをモチーフにした、ゆるキャラ(?)まで作られていた。「墓石の村」をアピールしているようだ。

 日本人にとってはにわかには信じがたい感覚だが、西区創造都市課のパク・プヨン主務官はこう説明する。

「この村は、朝鮮戦争の時に避難してきた人々が辿り着き、貧しさから住み始めた場所です。日本人には、そんな歴史的な経緯を理解して欲しいと思います。住民の中には、日本人に申し訳ないという気持ちから供養を続けている人も多い。この地区は、文化的な遺物として再整備していく予定です」

 住民によれば、「昔の人も、日本人が憎くてやったわけではない。生き延びるために、仕方なく墓石を使わせてもらった。私も年に何回か、献花しています」という。

 歴史の爪痕が、こんなところにも残っていた。

※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デザイン墓ブーム 光反射するガラスの「光り墓」は410万円
行き場失った墓石の安置所が大忙し 「墓じまい」の急増が背景
個性的なデザイン墓石が隆盛 ソファーセットや煙草の箱型も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP