体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【目からウロコのお悩み相談室 vol.7】孫育て編

【目からウロコのお悩み相談室 vol.7】孫育て編

こんにちは、家族カウンセラーの宮本まき子です。前回は、「婚活編」のお話でした。

今回は「孫育て」についてです。

孫育てがブームです。祖父母世代と、若親世代の思惑のずれが明白に…

アタクシが「団塊世代の孫育てのススメ」(中央法規出版)を書いて3年。急に「孫育て」ブームがせきを切ったのは、

1)団塊世代が完全リタイアして、ヒマと金ができた 

2)経済状況が好転せず、夫婦共働きが増えて子育てを依存せざるをえない 

3)同じ屋根の下の三世代大家族が70年代以降核家族化

それが近年、「地域で近居」という疑似大家族に揺り戻ったなどの諸事情から。「孫」をはさんでの双方の言い分、しっかり聞いて話し合って、誤解のないようにしましょう。

【目からウロコのお悩み相談室 vol.7】孫育て編

Q:来春定年退職したら、タイかマレーシアにロングステイして、ゴルフや旅行を満喫する楽園生活を夢みていたのに、なんと娘が10年ぶりに初妊娠。近くに越してきて母親を頼るというし、女房も面倒を見るという。反対したら「あなたの世話より娘母子を支援するほうが楽しそう。ひとりで行って」の爆弾宣言。どうにかなりませんか?

A:あなたは便利な家政婦(もとい、奥様)つきで、元同僚や地縁血縁のしがらみ抜きの(もとい、気を使わないですむ)異国でのセレブ生活をもくろんだ。ただしアジア諸国ではライフラインも安全性も日本とは大違い。ハウスキーパー&料理人&運転手つき自家用車の三点セットがなければ、老境に入った奥様の肉体的負担と心のストレスを増すばかり。とても楽園生活とはいかないでしょう。つまり、あなたは「夢」をみた、奥様は「現実」を見すえた。ゴルフも旅行もそのうち飽きるだろうし、地縁、血縁のない海外での人づきあいはたやすくない。病気になったら、介護が必要になったら…そんな奥様の不安や葛藤を無視すれば、「アタシは飯炊き婆さんかっ!」の地雷を踏むかもしれません。

最近では「孫育て」を期待して子どもが親宅のそばに転居する「近居率」が65%を超えました。子育てでの協力はそれまでの家族関係を見直し、再構築するチャンスでもあります。自分本位の老後計画にこだわりすぎて売り言葉に買い言葉、ヤブヘビで熟年離婚につっこみませんように。離婚後は男性の方が経済的、心理的に疲弊して「下流老人」に陥りやすいそうです。まずは旅行ぐらいからスタートしてみてはいかがでしょう。

【目からウロコのお悩み相談室 vol.7】孫育て編

Q:舅姑が孫可愛さでひんぱんに来訪。おもちゃや服を買い、食事に連れ出し、おこづかいをくれます。助かる反面、教育上はよくないのでは? おっぱらう方法はありますか?

A:近隣国との外交駆け引きをみれば、ケンカ腰で「来ないで」と言うのは得策ではありません。経済的、人的援助の損失です。子どもの人格ができあがる10歳ぐらいまでは「思う存分甘えさせる(愛情を供給する)」と自己肯定感の強い子になるし、逆に甘えてくるのを拒否したり虐待すれば自己否定感が増して、ひがんだり意欲が無い子になります。

昭和の中ごろまでは親類や隣人が大勢いて、(ちょうどいまどきのペット可愛がりのように)毎日適度に甘えさせたり、ほめたりしていました。現代はそういう他人が激減しています。無意識に「ダメダメ、悪い子、嫌な子」などの否定的な言葉を出しがちな親にくらべ、祖父母は「岩合光昭ねこ歩き」のごとき猫なで声で「いい子だねぇ」とほめちぎりますでしょ。親がつけた傷のいい補修材になってくれます。ついでに「甘やかし(愛情を必要以上に押しつける)」もしますが、おとなに反発する思春期ごろまでには修正されます。親や祖父母がネコ可愛がりできる期間は短いのです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。