ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタインデーの日に、香港に咲いた25,000本の「白いバラ」にうっとり・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマンチックな輝き。なんでもこのバラ、あるチャリティー活動にも生かされているようですよ。

ビクトリアハーバーを
ぼわんと照らす白いバラ

香港島と九龍半島を結ぶスターフェリーの発着場にほど近い、添馬公園(タマルパーク)と中西区海浜長廊(中西区プロムナード)の2か所。広大な敷地に合計25,000本もの光のバラが灯りました。夕方6時から夜11まで、幻想的な優しいバラの光を求めて、香港中のカップルたちがこの場を訪れているんだとか。

赤いバラの花の代わりに
LEDの白い明かりを

この大地を埋め尽くすLEDのバラは、韓国ソウルで始まった「Light Rose Garden」というバレンタインに合わせたイベント。

もともと、香港人のカルチャーとしてバレンタインデーには、男性から女性にバラの花束を添えてプレゼントを贈る風習があります。25,000本すべてが…という訳でもないでしょうが、このバラも1本100香港ドル(約1,460円)で同イベント公式サイトよりオーダーし、バレンタイン当日もしくは、前日までに花をピックアップ。彼女と一緒にそれを刺しに行く。といったロマンチックな作戦もできたようですよ。

愛の花明かりには
チャリティーの意味もあった

Patrick H.Y. Tsuiさん(@phytsui)が投稿した写真 – 2016 2月 13 5:06午後 PST

ほんわか心温まる光のバラ──単にカップルのためのムーディーなイベントにあらず。この1本1本が、じつはチャリティーにもつながっているんです。
その収益の一部は「Fair Trade HONG KONG」に寄付され、教育事業に役立てられるんだそう。

日本にやって来るかも!?

Mike Chanさん(@mikemikecat)が投稿した写真 – 2016 2月 17 5:16午後 PST

さて、Light Rose Gardenは今回が初の海外企画でした。今後さらに世界の都市へと展開を予定しているというから、もしかしたら近い将来、日本でもこの幻想的な明かりを目にする日が来るかもしれませんよ。

Reference:Light Rose Garden,phytsui,mikemikecat
Licensed material used with permission by wyman_wong0213,francis_hker

関連記事リンク(外部サイト)

ランチはたったの10ドル! シリコンバレーの大物たちがこぞって通う「中華料理店」の秘密とは?
どこでも眠れる!「枕付きパーカー」がアメリカで話題を呼んでいる
フェイスブックに「超いいね!」など新ボタンが追加

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP