ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の歴史的ストーリーのある食を「歴食」と呼ぶ!2月20日から「歴食サミット」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「歴食」ってなんだ?

歴食(れきしょく)とは、日本全国で歴史復元食や、歴史にインスパイアされて開発された食のこと。山口県山口市の歴食JAPAN事務局で「歴史的なストーリーを有した、価値ある食」と定義しています。食べ物の側面から歴史を紐解いていくことで、日本の食のルーツを知り、日本の歴史を知る歴食。歴食JAPANでは新たな食のカテゴリーとして、日本全国へ、世界へ発信するべく活動しています。

これまでに歴食に認定されているのは全国各地の9品。島根県の「益田氏の饗応料理」、岩手県の「奥州藤原膳」、奈良県の「宮廷料理 天平の宴」、山口県の「平成大内御膳」、熊本の「本丸御膳」、愛知県「新選組御膳」などの他、福井市の歴史博物館が作った「三角縁神獣鏡チョコ」やネットで話題となった「古代妄想スウィーツ」古墳型ケーキ、鹿児島のの製陶業・琴鳴堂制作の「縄文どんぐりクッキー」なども登録されています。

歴食JAPANのサイトでは「かかってこい歴食」として、新たな認定メニューを自薦他薦問わず募集中です。まだ、認定歴食の登録されていない地域もあるので、今後の新たなメニューの参加が楽しみ。認定登録された歴食は、歴食MAPや年表で日本の歴史と対応して見ることができます。

また、歴食JAPANでは「歴食サミット」と題したイベントも2月20日、2に日に開催予定。歴食関係者が一堂に会して、開発秘話の発表や歴食のPR、各地の歴食の試食・販売会を行います。お近くの方、歴食でまちおこしをお考えの方は、ぜひどうぞ。

歴食japan

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

どれもステキだわ〜!最後の浮世絵師「小林清親」は光と影を操る"光線画"の使い手
あなたの地元の味はある?ご当地おにぎりがミニストップから地域限定発売開始
全国から集結、味自慢のうどん!「うどん天下一決定戦2015」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP