体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「保育園落ちた日本死ね!!!」の人に言いたい「まだ諦めるな!保活の勝負はこれからだ!」

はてな匿名ダイアリーに投稿された「保育園落ちた日本死ね!!!」という記事が、世間に波紋を広げています。

投稿者の方は4月に子供の認可保育園入園を目指し申請を行っていたところ、残念なことに枠から外れてしまったようす。
強い言葉で「一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。」「子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。」など国に対し怒りをぶつけています。

【関連:厚労省の規制緩和策「保育業務 無資格でも従事可」が物議】

保育園入園式のイメージ

この投稿には「ド正論」「お怒りはもっとも」など賛同する意見が多く集まり、さらにWebニュースやテレビでも紹介され色んな意見が語られている状況です。
国に対する不満をもっと声を上げて叫ぶべきだという方や、保育士達の置かれる賃金や労働状況に問題があると指摘する方。本当に様々。

でも現実的なところ、それを今話し合っても4月入園から外れてしまった親達にしてみれば、すぐに解決することではありません。
問題は問題として今後継続的に訴え改善していくべきだとは思いますが、現状落ちてしまった人はどうすれば良いのか?

数年前のことになりますが、上の子4歳クラス、下の子1歳クラスで4月入園を目指していたものの両方とも4月入園に外れてしまった筆者経験から、目先の話をつらつら書いてみたいと思います。

▼保育園落ちた日本死ね!!!
http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

■重要なのは加点とタイミング

認可保育園には公立、私立とありますが、入園にはどちらも自治体が窓口と審査を行っています。
4月入園のために配布される資料には募集人数が記載されていることがあり、私が住む地域の場合だとどこも学年1人から2人。かろうじて0歳児クラスが3~4空きがあるくらいでした。

なぜそんなに狭い門なのか。認可保育園は一旦入園してしまうと、特殊な事情がない限りはほぼ退園させられることはありません。そして入園年齢は0歳児からとなっていますので、入園条件に合う人でタイミング良く空きがあれば年間通し順次入園していきます。その積み重ねからすぐ枠が埋まってしまうのです。

肝心の入園条件についてですが、子育てにおける環境(周りに育児を手伝う親類はいるか)、親の健康状態(病気中であるなど)、親の収入、親の勤務状況、片親世帯かどうか。など一つ一つの要素を見て、ポイントが積み重ねられ高い人から優先して入園が許可されることになっています。

両親いる世帯については、両親正社員でフルタイムで働けばポイントは高得点になると言われていますが、実際はそうした状況でも外れる人がほとんど。そこで重要となってくるのが、「加点」です。

「どうしても自分で保育できない」という状況・実態を加えることでポイントに加点されることがあるのです。その1つが「認可外保育施設を利用中」。

それを知らずに当時の私は2人手元で見ていたものの、勤め先も決まっているし(その時は内定状態)、親は近くにいないし「受かるだろう」と楽観的に思っていました。でも実際は見事外れ。

そこでどうしようとなった訳ですが、2人の子を育てて行くには家計を考えると夫婦共働きが理想。内定は断りたくありませんでした。とりあえず入園申し込みはそのまま残し順番待ち状態にして、認可外保育園に預けてフルタイムで働き、自治体に対しては認可外利用の補助金を申請。今で言う「保活」をすることにしたのです。

ここで紹介しておきたいのですが、認可外保育園の場合、月謝を保育園に対し直接支払うものの、後から自治体によっては補助金を出してくれるところがあります。1人1万から3万と言われており、親の収入状態で決定します。
我が家の場合には2人で1万9千円受けることができました。

そして認可外保育園に支払った額は、朝8時から夜7時まで週5日預けて2人9万7千円。多少戻ってくるとはいえ、これはなかなかぐっと来る額でした。でもこれでも安い方です、園によっては2人預けて15万超えるところもあります。できるだけ安くて家から近く、そして良い園をと5園ほど巡り見つけた園だったのです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。