ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

缶バッチがつくれる『Canバッチgood!』新作登場に歓喜の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンダイから自作缶バッチが製作可能な「Canバッチgood!」が3月26日に一般店頭発売されるそうです。それに先駆けプレミアムバンダイでは3月4日からの予約受付開始が告知され、ネット上で歓喜の声があがり注目されています。

【関連:エヴァンゲリオン×PEACH JOHNコラボ下着一般販売決定!あいかわらずの可愛らしさにすぐポチりたくなる】

バンダイは2002年に小学生女児向けに「Canバッチgood!」を、2006年には20~30代の大人向けに「canbadgemaker(カンバッチメーカー)」を発売。今回発売されるのは「Canバッチgood!」シリーズ最新作だそうです。このシリーズは国内だけでなく海外でも販売され、累計販売数は280万台を超えている大ヒット商品。子供は勿論のこと、オリジナルグッズを手作りしたい人からも高い支持を集めています。

セットには10個の缶バッチがつくれるパーツがついていて、お値段は税込み3996円。
昨今、アニメファンの中でトートバックに自分の好きなキャラクターの缶バッジをたくさんつける「痛バッグ」なるものが流行していますが、これを使えば世界でたったひとつだけの痛バックをつくることもできちゃいますね。

(文:大路実歩子)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP