ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ高齢者は肺炎になりやすいの?

  • ガジェット通信を≫


肺炎で亡くなる方は年間12万人といわれています。日本人の死因の上位を見てみると、肺炎は、がん、心疾患に続いて3位です。ときには何らかの病気で入院していた高齢者が、最終的に肺炎が原因で死亡したという例も少なくありません。

今回は、高齢者の肺炎について医師から話を聞いてきました。

肺炎と風邪は違うの?

まず、肺炎というと、「風邪が悪化したもの」と理解している方は多いのではないでしょうか。肺炎の症状の中で、食欲がない、ぐったりする、呼吸が速いなどがあり、それらは風邪の症状の中にもありますが、肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原体に、肺の奥にある細胞である肺胞が感染することで炎症が起こる病気です。

肺胞は、酸素や二酸化炭素のガス交換を細胞レベルで行っているため、肺胞がダメージを受けると、ガス交換がうまく行われず、呼吸機能に影響が出てきます。そのため、風邪よりも症状が重いことが多いのが特徴です。

【風邪と肺炎の比較】

1. 期間

風邪:数日から1週間で治癒

肺炎:1週間以上持続する場合もある

2. 発熱

風邪:38度程度まで上昇

肺炎:38度以上の高熱が出る

3.症状

風邪:咳、咽頭通、くしゃみ、鼻水など

肺炎:熱、悪寒、胸の傷み、咳、全身のだるさ、息切れ、黄色~緑色や鉄さび色の痰、顔やくちびるが紫色になる

症状が風邪と似通っているため、肺炎と気疲れにくく、重傷化してしまう事もあります。このような肺炎症状が3日以上持続し、改善することがなければ、医療機関受診をしましょう。

高齢者はなぜ肺炎にかかりやすいの?

高齢者がかかりやすい肺炎は主に2種類あります。

1. 誤嚥(ごえん)性肺炎

高齢者は、食べ物や唾液を飲み込む力が弱まってきています。そのため、唾などを飲み込んでいるつもりでも、うまく飲み込めておらず、知らないうちに、空気の通り道である気道に唾液や食塊の小さなものが入り込み、少しずつ炎症を起こしている可能性があります。私たちの体は、異物が垂れ込むと、自然に除去しようする咳嗽(がいそう)反射という機能がありますが、高齢者はこの力も弱まっているのです。このような原因から肺炎になる事を、誤嚥性肺炎といいます。

2. 沈下性肺炎

就寝時の唾液は、重力で咽頭の奥に流れ込みます。そのため高齢者は、寝ている間にも自然と誤嚥の状態になっている場合があり、気管内に唾液や異物が垂れ込む可能性は多いでしょう。就寝時や寝たきりの状態が長く続くことで、誤嚥の状態を引き起こしている事を、沈下性肺炎といいます。

嚥下機能と咳嗽反射機能の低下は、肺炎を引き起こす要因となっており、高齢者に肺炎が多い理由にもなっています。

高齢者の肺炎予防

肺炎の種類は、発症する環境による分け方もあります。

1. 市中肺炎

病院や施設外で、日常生活をしている人の発症

2. 医療介護肺炎

介護施設などの施設での肺炎発症

3. 院内肺炎

病院内で発症した肺炎

65歳以上になると、市中肺炎になるリスクが上がる事が調査で分かっています。その原因菌はたくさんありますが、その中で最も多いのは肺炎球菌です

【高齢者の肺炎予防法】

1. 日常の手洗い、うがい

風邪の予防と同様、菌やウイルスの排除を日常から心がける事は大切です

2. 就寝前の歯磨き、うがい

就寝前に口腔内を少しでも清潔にしておくことで、就寝中、唾液等が咽頭に流れ込んだ際に異物や菌、ウイルスが咽頭に入り込む事を軽減させる効果が期待できます。

3. 咽頭マッサージ

食事の前に開口や咽頭や口周辺のマッサージをし、嚥下機能を維持させる運動を行うことで。食事の際の誤嚥の予防につながります。

4. 肺炎球菌のワクチン接種

肺炎球菌の予防接種をすることで、肺炎発症のリスク軽減や、発症時の症状の緩和につながります。肺炎を引き起こす菌の約30%を占めるのが、肺炎球菌です。このワクチンを接種することで非常に高い肺炎予防の効果が期待できるでしょう。 一度接種したら、効果は5年間有効です。肺炎のリスクが上がる65歳以上の方には、接種が推奨されます。

医師からのアドバイス

人は誰でも年とともに衰える機能があります。その機能を維持する努力と、日常生活の中で予防行動をとることで、肺炎になる危機を回避できます。また、ワクチンの接種をする事により、少しでも肺炎発症や肺炎の症状悪化を防止する事が大切です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

肺炎、脳炎、中耳炎…風邪の二次感染にご用心!
【11月12日は世界肺炎デー】日本人の死因第3位の「肺炎」。なぜ多いの?
【11月12日は世界肺炎デー】「肺炎」は、どんな原因で起こるの?

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP