ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

暮らしがもっと楽しくなる?海外出身の友達を増やす方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
image

Photo credit: Haruna Lucy Mori「フィリピンセブ島1番のお祭り シヌログ」(フィリピンのお祭り参加者の一枚)

こんにちは。TRiPORTライターのゆうすけです。

幼い頃、外国人観光客の方が道に迷って困っているのを見ました。何もできない自分は見守ることしかできない中、英語が話せる日本人がその人を助け、僕もこんな風になりたいと強く思ったのを覚えています。

その頃から、海外に行くことや海外出身の友達を持つことに憧れ、母国語でない言語でコミュニケーションをとるという小さな夢が芽生えていました。読者の方の中にも、そんな夢を持っている方がいるのではないでしょうか?

今回は「英語はたくさん話せるのに周りにそんな友達がいない!」「これから勉強するから英語が母国語の友達が欲しい!」という方向けに、筆者自身が実践している海外出身の友達を増やす方法を紹介します。

身近なEnglish speakerの集まる場所へ!

マンガやアニメの人気、そして2020年に東京オリンピックが開催されるなどの理由から、近年さらに日本に興味を持つ人が増えているようです。日本政府観光局の出した報道発表資料によると、なんと2015年に日本を訪れた外国人旅行者数は1973万7千人で、前年比で47.1%も増えたそうです。海外出身の方に出会うチャンスもそれだけ多くなっているということですよね。

日本を訪れている方々と接点を持つ方法は、旅行者が集まっている場所に行ってみることです。未成年だと難しいですが、一番いい交流場所は、バーなど見知らぬ人たちとフランクに話せる雰囲気のところだと感じています。

そういった場所に足を運んでみて、勇気を出して声をかけてみてください。ゆっくりとしか話せなくても、一生懸命にコミュニケーションをとろうとすれば聞いてくれる方が意外に多いんです。

身近な方法ではないですが、海外に直接足を運んで、現地で友達を作ってしまうのも一つの手ですね! この世には、いい人も悪い人もいます。もし身の危険を感じるような場合は、できるだけ早くその場を離れるなど、危機管理はしっかりとしながら楽しく過ごしてください。

現地で友達を作るときは、「友達を誘っていく」「あまり危ない雰囲気の場所は選ばない」「日本人の利用者も多くいる場所を選ぶ」などのポイントをおさえておきましょう。

自宅に海外出身者を呼んでみよう!

IMG_4729

Photo credit: Yusuke Saito「1週間に渡り現地の家庭にホームステイ!食、大学、観光全てを満喫できた!〜世界一周おふくろの味巡りの旅メキシコシティ編〜」(メキシコの日本人宿での一枚)

先ほど紹介したのは自分からいく手段でしたが、今の時代なら来てもらうことも可能です! 例えばホームステイ先として、交換留学生を迎えてみるなど、受け入れる側も相手の文化を感じることができ、成長のきっかけにもなると思います。

また、近年流行っている外国人旅行者の滞在先として自宅を提供する方法もあります。こちらは、相手が日本語を話せないという可能性も高いので、英語を日常的に使いたいと感じている人におすすめのサービスかもしれません。

自ら海外出身の方々を迎えることで様々な国出身の友達ができ、自分は出かけているわけではないのに、世界が広がっていく可能性もあるのです!

インターネットを有効活用してみる!

https://pixabay.com/en/keyboard-typing-computer-computing-690066/

Photo credit: Pixabay

インターネットを有効活すれば、実際に会わなくても友達を増やすことはできます! 例えば語学学習サイトに登録してみるなど、方法は様々。例えば私が利用していたサイトは、お互いの言語を勉強している人の投稿を採点しあうというサービスでした。

内容は様々で、自分の日記や感じたこと、考えていることでもなんでもOK。そこで仲良くなった何人かとはSkypeのIDを交換して、通話をしてお互いに言語を教え合うこともありしました。インターネットは距離に関係なく人と繋がれるので、有効に活用しましょう!

友達が世界中に!

2594159949_86e5192763_o

Photo credit: Ema Kawashima「【フロリダ】キーウエスト観光♪フロリダに癒された女子達の旅行記!」

友達って、そばにいても、いなくても、心と心で繋がっているものですよね。そんな繋がっている相手が世界中にいるって素敵なことだと思いませんか?

今回紹介したのはほんの少しの方法ですが、もし少しでも世界中に友達が欲しいと思ったら試してみてくださいね! きっと素敵な出会いに巡り合います。そして、もしもその人の世界に行ってみたいと感じたら、今回写真で紹介したCompathyのログブックの彼らのように、世界を旅しながら会いに行ってみてください。

ライター:ゆうすけ
Photo by: Haruna Lucy Mori「フィリピンセブ島1番のお祭り シヌログ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。