ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナカヨ、Androidタブレットを組み込んだ電話機「AIO-51」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナカヨは 2 月 19 日、インターテルジャパンが開発した “高性能 Android 端末”「AIO-51」を 2 月 19 日に発売すると発表しました。“高性能 Android 端末” に惹かれますよね(でも、フルスペックは公開されていません)。「AIO-51」は Android 4.2 を搭載したオールインワン・インフォメーション端末として開発されています。Android タブレットを内蔵した電話機といった製品です。Android を採用したことで、電話機をタブレットのようにして使うことが可能になります。Google Play 対応なので、Play ストアから Skype などのチャットアプリをダウンロードすれば、電話機で電話会議などが可能になります。個人的には使わないと思いますが、なんだか欲しい一台です。ただ、AIO-51 はビジネスユース向けに提供されるので、個人での入手は難しいかも。ユースケースとしては、ホテル客室用の電話機兼 Wi-Fi スポットや観光施設のインフォメーション端末、企業用の電話機などです。このほか、HDMI 出力端子、有線 LAN、無線 LAN、フロントカメラ、Bluetooth v4.2 などを搭載。Android ということでテザリング機能を利用すれば Wi-Fi ホットスポットとしても機能します。Soure : ナカヨ

■関連記事
ASUS ZenFone 3はComputex 2016で発表か? 決算説明スライドに明記
CAT、赤外線サーマルカメラを搭載したタフネスAndroidスマートフォン「CAT S60」を発表
Snapdragon 820がVulkanの認証を取得、Adreno 5XX / 4XXもサポート予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP