ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんなホテルが欲しかった!泊まれるアート「BnA Koenji」が東京・高円寺に誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデルを展開するのが、Bed & Art Project (BnA)の共同代表であり、建築家の福垣慶吾さん。

アーティストと旅行者をつなぐ
ホテルの新しい形

2015年2月、「泊まれるギャラリー」をテーマに、Bed & Art Projectの第1弾「BnA Ikebukuro」が池袋に誕生。続いて、同年8月、京都にオープンしたのが、200平米を超える大きな町屋を改装した「BnA Kyoto」。

同ホテルは、利益の一定割合を参加アーティストに還元することで、アーティストが継続的な収入を得られる仕組み。宿泊者が部屋の実質的なシェアオーナーになるというものだ。そして、2016年2月、同プロジェクトの第3弾として、高円寺にオープンするのが「BnA Koenji」。


写真上:「BnA Kyoto」の 玄関(作家、Doppel)
写真下:「BnA Kyoto 」の寝室 (作家、窓:Bakibaki、右壁画:simo)

「高円寺周辺には、エッジの効いたアーティストがたくさん集まっています。街中に点在するアトリエで自らの作品を発表するなど、既にクリエイティブ・コミュニティーができあがっていることから、この街を選びました」と、福垣さん。

アートルームが
高円寺エリアに点在

「BnA Koenji」は、既存のホテルの形態とは少し違っている。まず、3階建てのビル建物を改装した「フロントデスク」には、宿泊部屋となるアートルームのほか、アーティストや旅行者たちが集うバー&ギャラリーを完備。その周辺に、2~3部屋のアートルームを持つ「クラスター(塊)」を複数つくる予定。

ゲストは高円寺についてまず「フロントデスク」でチェックインしてから、それぞれの部屋に案内され、町中に散らばっていく。旅行者がホテルに泊まるだけで自然と地元のコミュニティーと交流ができる構造だ。

最終的に高円寺エリアに30~40部屋を展開予定。その後は、クリエイティブなコミュニティーを世界に発信し、マネタイズする一つのモデルとして各国のアーティストの住む町に輸出することを目指している。

だが、グランドオープンに向けての改修費用が不足している模様。現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで資金を募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

関連記事リンク(外部サイト)

とある男性が、北海道の小さな町で「木の車椅子」を作り続ける理由
「ひとりぼっち」でご飯を食べる子どものために、ある女性が立ち上がった!
「僕らの仕事はアートではなくデザイン。相手に喜んでもらうことがすべて。」-岡安泉-(照明デザイナー)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。