体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミセス、Suchmosら、期待のニューカマー達が、WWWにフレッシュに集結

エンタメ
ミセス、Suchmosら、期待のニューカマー達が、WWWにフレッシュに集結

 スペースシャワーTVが主催のライブ企画、【SPACE SHOWER NEW FORCE】が、2月16日、渋谷のライブハウス、WWWにて行われた。

ミセス、Suchmosらライブ写真一覧

 本イベントでは、近い将来にブレイクが期待されるニューカマー達を、スペースシャワーTVがピックアップし紹介する番組企画の中から6組が登場した。

 まず最初に登場したのは、ニコニコ動画へ投稿した楽曲が話題となり、2012年現役女子高生にしてデビューを果たした、DAOKO。短いスカートを履き、パーカーのフードを深く被った、2人のダンサーを引き連れ、「高い壁には幾千のドア」からスタート。エキセントリックに映し出される歌詞が印象的な「かけてあげる」、キラキラと星のようなライトが会場を幻想的に照らした「水星」や、「きみ」、「さみしいかみさま」ではポップな吹き出しやイラストが映像に映し出され、曲によって七変化する、映像と照明が融合した演出で、会場は不思議な空間に包まれる。まさに“ニューフォース”らしいステージは、アップテンポな楽曲「ShibuyaK」で締めくくられた。

 2番目に颯爽と登場したのは、今、最もライブのチケットが取れない若手バンドと言われている、Suchmos。1stフルアルバム『THEBAY』のリード曲である「YMM」からスタート。Vo.YONCEに合わせて観客も体を揺らし、心地良い空間を作り出していく。続けて『Alright』から、「JET COAST(新曲)」を演奏。1月にリリースしたばかりの2nd E.P.『Love&VICE』からのリード曲「STAYTUNE」を披露すると、会場のテンションは最高潮に。雰囲気のある楽曲「Miree」でも、やはり躍らせるのがSuchmos流。「今日初めましての人も、何回も来てくれてる人も、みんなブラザー&シスターだと思っているので」と、「Life Easy」を最後に贈り、全6曲のステージを締めくくった。

 続いて登場したのは、昨年5月に1stフルアルバムをリリースし、一躍その名を轟かせることになった、never young beach。「どんな感じ?」からスタートすると、Vo.安部勇磨が「楽しくなってきたぞー!」と、続けて「MOTEL」を披露。「あまり行かない喫茶店で」から新曲を披露し終えると、「散歩日和に布団がぱたぱたと」、「明るい未来」を、ほのぼのと演奏。MCでは、最近「ネバヤンって、不潔そう」と観客から言われたエピソードを話し、会場を笑わせた。更に、「僕らさっきまで楽屋で大貧民してました。俺たちめっちゃ仲良いんですよ!」「あとで、Suchmosも一緒に朝まで大貧民します。」と、バンド同士の仲睦まじい姿を覗かせ、「どうでもいいけど」を最後に和やかなステージを終えた。

 never young beachのステージが終了すると、ラウンジスペースでは、パワフルな歌唱とポップなソングライティングとは裏腹に、過激な歌詞が話題を呼ぶ、あいみょんがアコースティックギターを手に登場。「どうせ死ぬなら」や、「泥だんごの天才いたよね」、「19歳になりたくない」等、昨年末にリリースした2ndミニアルバムからの、個性的な楽曲3曲をアコースティックで披露した。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会