体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ツナガル探検隊】瀬戸内海大ちゃん、小豆島の大渓谷でしゃもじを掲げる!

旅先で撮った写真を家族や友人とシェアしたり、その場ですぐにSNSに投稿したり。人は美しい景色に出会ったら、その感動を誰かと分かち合いたくなるものです。こちらの「ツナガル探検隊」では、T&S編集部員のデジカル大ちゃんが、編集部に代々受け継がれてきた、電波がつながると「バリ3マーク」が表示される不思議な不思議な「バリ3しゃもじ」を携え、全国各地の秘境や絶景スポットを訪れながらauのつながり具合を調査していきます!

こんにちは、T&S編集部員のデジカル大ちゃんです! 今回は香川県にやってきましたよ。これからフェリーに乗って、瀬戸内海の「小豆島(しょうどしま)」を目指します。なんで小豆島かって? おっと、そろそろ出航の時間なので、詳しくはまた後ほど!

大小様々な島が点在する瀬戸内海。そのなかでも小豆島は淡路島に次いで2番目に大きい島です

小豆島へ渡る方法はいろいろありますが、今回は羽田から高松へ飛行機で飛ぶこと1時間10分、高松空港からJR高松駅まではバスに乗って40分、JR高松駅から高松港まで歩いて約10分、高松港からフェリーに乗って1時間……で、ようやく小豆島に着きます。合計でえーっと……3時間以上! なかなか遠いな、小豆島! いつもは全国どこでも日帰りが基本ですが、今回はさすがに厳しそうなので、編集長に直談判し、一泊する許可を得ました。ムフフ。

小豆島へ向けて、いざ出航! 窓の外には青々とした海と空が広がって、瀬戸内海の島々もきれいに見えます

小豆島のご当地キャラ「オリーブしまちゃん」が客席にどーんと鎮座していて大ちゃんドビックリ。頭でか!

というわけで、小豆島に到着しました! いきなりオリーブの木がお出迎えです。そう、小豆島と言えば、オリーブの産地として有名なんですよ。

でもオリーブ以外にも、この島にはたくさんの魅力があります。島内にある国指定の名勝「寒霞渓(かんかけい)」もそのひとつ。そこでは火山活動や地殻変動などでつくられた大渓谷、そして瀬戸内海を一望できる絶景が楽しめるとかなんとか。絶景ハンター大ちゃんとしては訪れないわけにはいきません。早速、寒霞渓に行ってみましょう!

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。