ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

H ZETTRIO、5/5こどもの日にホールライブ第2弾をスペシャルVer.で決行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピアノトリオH ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)の第2弾となるホールライブが、スペシャルVer.として、5月5日に東京・江東区のティアラこうとう 大ホールで開催されることが発表された。

ホールライブは、昨年6月に行なわれた、神奈川ミューザ川崎シンフォニーホール以来、約1年ぶりになる。前回は前代未聞の高音質公開レコーディングが導入され、話題になった。

既に発表されている3月から始まる全国TOUR「WONDERFUL FLIGHT TOUR 2016 〜Acoustic & Electric〜」の東京公演2DAYsが早々にソールドアウトしただけに、H ZETT M(Pf/青鼻)・H ZETT NIRE(W.bass/赤鼻)・H ZETT KOU(Dr/銀鼻)の3人によるホールでしか味わえない奇跡のアンサンブルとパフォーマンスを楽しめることは、東京近郊の方々には特に嬉しいニュースだ。

同バンドは、結成当初から子どもたちへ向けた様々な企画へ参加したり、子ども番組にも出演したりするなど、”子ども”がバンドのコンセプトにおいて重要な位置を占めている。それだけに5月5日のこどもの日は特別な思い入れがあるようで、この日の内容は直前までの全国ツアーとは大幅に変更され、子どもと大人が一緒に楽しめるものになるという。

また、昨年に続き、今年も急激に活動のピッチを上げる中、ニューシングルを隔週で3曲立て続けでの配信リリースが決定している。第1弾として「Wonderful Flight」が2月24日に配信される。「Wonderful Flight」は、3月1日にスタートする全国ツアーをイメージした作品として、ツアータイトルにも起用されている。その優雅で煌めきがあり、様変わりする空模様を楽しむような壮大さと勢いでワクワクさせられる。

第2弾では「晴天 – Hale Sola -」が3月9日にリリースとなる。この楽曲は、昨年暮れに解散した侍ジャズバンドPE’Zの代表曲をオマージュし、カバーとして蘇らせた作品。強烈に激しい4ビートを軸に3人組の楽器構成とは思えないビートにベースが冴えるアグレッシブなダンスナンバー。今夏を盛り上げることが容易に想像できる。

続く、3月23日に配信される第3弾「ダイナミックにとろけて」は、今回のこどもの日のライブをイメージして作曲したという、3人の遊びココロを満載しつつ、お得意のシュールなエッセンスも少々散りばめられた楽曲。

これらの楽曲のジャケットデザインは、昨年から始まったSNS(Twitter:@H_ZETT_M)を通し、一般募集する参加型企画で制作される。「Wonderful Flight」「晴天 – Hale Sola -」はすでに募集締め切りとなっているが、「ダイナミックにとろけて」は3月3日まで募集しているとのこと。みんなで一緒に作品を創り上げたいというH ZETTRIOの想いは更なる広がりを見せている。

photo by 斉藤大嗣

ライブ情報
「WONDERFUL FLIGHT TOUR 2016 〜Acoustic & Electric〜 こどもの日Special」
2016年5月5日(木・祝)ティアラこうとう 大ホール 開場 15:00 / 開演16:00
料金:一般 4,000円 / ホール会員(10%割引)3,600円 ※全席指定・消費税込
※小学生以上有料。未就学児童は無料(大人1名につき、子供1名まで膝上可)。但し、座席が必要な場合はチケットが必要。
お問合せ:ティアラこうとうチケットサービス 03-5624-3333

ツアー情報
「WONDERFUL FLIGHT TOUR 2016 〜Acoustic & Electric〜」
3月1日(火)〜4月28日(木)全国27公演
チケット好評発売中
詳しくはオフィシャルHPをご覧下さい。

配信情報

「Wonderful Flight」
2016年2月24日(水)リリース

関連リンク

H ZETT M Official Websitehttp://www.worldapart.co.jp/hzettm/
H ZETT M Facebookhttps://www.facebook.com/hzettmofficial
H ZETT M Official Twitterhttps://twitter.com/H_ZETT_M
H ZETT M Official YouTube channelhttp://www.youtube.com/user/HZETTMOFFICIAL

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP