ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

足がこぶ状になる下肢静脈瘤 血管の太さで治療選べるように

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 血液は心臓から動脈を通り全身に流れ、静脈から戻ってくる。心臓から遠い足の血液は運動により心臓に還るが、重力に負けて足先に血液が戻らないように血管の内側には逆流防止の弁がついている。これが加齢や長期間の立ち仕事、出産など環境要因により弁が壊れ、末端の血管に血液が戻ることで、さまざまな症状が起こる。これが下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)だ。

 主な症状はふくらはぎで、足の血管がこぶのように膨らみ、足がだるく重いと感じる。さらに末端の血管内圧の上昇から水分が滲み出し、皮下脂肪などがむくみ、新陳代謝が悪くなる。結果、かゆみや皮膚への色素沈着で皮膚自体が茶色になったり、潰瘍を起こすこともある。

 菊名記念病院(神奈川県横浜市)の心臓血管外科・下肢静脈瘤センターの奈良原裕センター長に話を聞いた。

「下肢静脈瘤は、比較的多く見られる病気ですが、基本的に命にかかわる病気ではないせいか、治療しないで何年も過ごしてしまうケースが見受けられました。しかし、2013年に下肢静脈瘤に対し、経カテーテルのレーザー治療が承認され、その後ラジオ波焼灼治療も保険収載になり、局所治療が可能になったため、治療を受けられる患者さんが急増しました」

 下肢静脈瘤のカテーテル治療は、弁が壊れ、逆流している血管にカテーテルを入れて熱を掛け、血管内皮にやけどを起こし、逆流を止める治療だ。焼かれた血管には、血栓ができることで逆流がなくなり、次第に退縮していく。その先の細い血管の血液は、別のルートで心臓に戻る。

 心臓に戻る際に太い血管に血栓ができ、EHITと呼ばれる合併症が起こると、肺血栓塞栓症(はいけつせんそくせんしょう)につながる危険性があるため、焼灼する部位を慎重に見極める必要がある。

 カテーテル経由でレーザーやラジオ波で局所を焼灼する方法は同じで、学会や研究では治療成績や合併症の発生に大きな差はないといわれる。

「私の印象ですが、レーザーはラジオ波よりも出力が高いので、焼きすぎる傾向にあり、血管内皮だけでなく血管の壁にも孔(あな)が空き、内出血の合併症が起こる可能性が高いと考えています。当センターでは、合併症の可能性を少しでも減らすよう血管径が9ミリ以下はラジオ波で治療を行ない、それ以上はストリッピング手術という、逆流している血管を抜き取る手術を実施しています」(奈良原センター長)

 ラジオ波焼灼治療は、全身麻酔に加え、ラジオ波をかける血管周囲にTLA麻酔を行なう。これは通常より薄い麻酔液を大量に使用し、皮膚を膨化して痛みを予防するだけでなく、止血の効果もある。

 ふくらはぎのこぶが気になる場合は、3~5ミリほど皮膚を切り、膨れている血管だけを切除することも可能だ。1泊2日の入院で翌日には退院できる。このセンターでは、心臓血管外科と皮膚科が協力し、血管治療と皮膚治療を並行させて美容的側面も考慮した治療を行なっている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
むくみに隠れる下肢静脈瘤 日本人の潜在患者1000万人超
肝臓がん治療 「ラジオ波焼均法」などの直し方が可能になる
危険な大動脈瘤のリスクを抑える「人口血管置換術」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP