ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫との赤裸々生活明かす黒木瞳の新聞連載コラムが好評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫と同じ布団どころか、同じ部屋で寝ることさえ嫌。世に溢れるそんな妻たちからしたら、羨ましいというか何というか…。

《こんな寒い季節、お布団に入って、夫の足を湯たんぽ代わりに自分の足を密着させるとき、ああ、結婚してよかったと思う。1人だとこんな具合にはいかないもんね。芯から冷えた足先が、徐々に温まっていくのが分かる》

 1月21日、朝日新聞の連載エッセイ『ひみつのHちゃん』はこんな書き出しで始まった。執筆者は黒木瞳(55才)。一昨年4月から始まったこの連載が今、主婦の間で話題になっている。

「湯たんぽエピソードだけじゃありません。1991年に結婚した電通マンの旦那さん(59才)との夫婦生活が赤裸々に綴られているんです。毎週ドキドキしながら読んでいます」(40代女性)

 例えばこんな具合。

《娘が出かけた日曜日。夫がテレビのゴルフ番組を見始めたので、「映画に行かない?」って誘ってみた。案の定、「行かない」という素っ気ない返事。「なんで?」って聞くと、「疲れたから寝る」という回答。だから私、「さっき起きたばっかりじゃない」と笑いながら早速、映画のネット予約をし始めた》

《毎年アニバーサリーに2人でやっていることは、結婚式のアルバム見ること。それから、新婚旅行のベネツィアで買った、回転木馬のオルゴールのネジを回してその音色を聞くこと》

 ある時は、仕事のストレスから自宅で暴れる夫の行状も明け透けに書いている。

《夫は壁を叩き、声を張り上げ、尋常ではない物音が、私のいる寝室まで聞こえてくる。今私は寝室を出てはいけない、という警告音が私の中で鳴り響いた。(中略)着ている服を投げ捨てるほど、昨晩は相当辛いことがあったのかもしれない。そう思うと、サラリーマンの大変さを垣間見たようで、私は複雑な気分になった》

 他にも、新車のナンバーが夫の元カノの名前を連想させるものだったこと、怒った黒木がナンバーを変えさせたこと、美容室でショートヘアにしてきたのに何も気づかぬ夫にプンプンしたこと、などなど、何かと夫が登場する。黒木の夫婦生活について、知人がこう語る。

「旦那さんは一昨年出世して、今や携帯電話会社の広告を仕切る局長です。派手なギョーカイ人が多い会社ですが、彼はまったくそういう部分がなくて、紳士的で家族を大切にする人。よく部下を自宅に招いてホームパーティーを開くんですが、黒木さんが手料理を振る舞って、シャンパンをついでくれるんです。

 みんな感動しちゃってね。あの大女優の黒木さんが、自宅でちゃんと“妻”をやってるんだっていう驚きもあって(笑い)。夫婦で休日が合うと、一緒にゴルフ行ったり舞台を見に行ったりしているそうです。紙面通り、仲睦まじい夫婦ですよ」

 連載3年目を目前にし、今年は湯たんぽエピソード以降も続々とマル秘ネタを披露。実は数年来実践しているという「ノー洗顔美容法」を紹介し、2月初週には宝塚の先輩女優・大地真央(60才)と銀座でランチ中、ある“事故”に巻き込まれたことを明かしている。

《今年初のハマグリに、満面の笑みで、さ、食べようとしたその瞬間、いきなりけたたましい音が店中に鳴り響いた。なんと火災報知器だった》

 同じビル内で火事が起き、周囲が大慌ての中、大地は悠然とハマグリを食べ続けていたという。話は尽きない。

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
民謡日本一の姉とミス宮崎の妹の演歌デュオ・黒木姉妹を直撃
妊娠8か月の刑事役・黒木メイサ スラリとした美脚を披露
謀殺説流れたジャーナリスト・黒木昭雄氏から死後メール到着

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP