ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中学生、公務員、教師、医師も覚醒剤汚染 中高年使用者急増

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが知る、プロ野球の元スター選手・清原和博(48才)の逮捕は、シーズンの到来を前に、野球ファンだけでなく世間に大きな衝撃を与えた。

 ショックや驚きの一方、「またか…」「やっぱり」という思いを持つ人も多い。清原容疑者には以前から薬物の噂があっただけでなく、芸能界では毎年のように覚せい剤取締法違反での逮捕者が出ているからだ。

 記憶に新しいところでは、2014年にCHAGE and ASKAのASKA(57才)、2009年に酒井法子(45才)、2008年に加勢大周(46才)、1999年に槇原敬之(46才)、など、数え上げたらキリがない。

 でも、“芸能界だから薬物に通じている”というわけではない。普通に暮らしている、私たちの身近にも薬物汚染は蔓延している。今年1月末、茨城県に住む中学3年生の女子(15才)が覚せい剤所持法違反(所持、使用)で逮捕され、容疑を認めた。2月12日には、広島県で公立病院の院長(52才)が所持容疑で逮捕されたばかり。また昨年、熊本県で起こった、覚せい剤を生後3か月の乳幼児に投与し死亡させたという痛ましい事件も記憶に新しい。

 まだある。2014年には、福岡県で小学校校長(57才)が、神奈川県で40才の警察官が、2012年には中学3年生と高校1年生の女子が逮捕された。公務員、警察官、医師、未成年者…まるで薬物と縁がないような人たちに次から次へと“汚染”が広がっている。

 警察庁の統計によると、2014年の覚せい剤取締法違反による検挙者数は1万人を超えている。これは、交通事故による死者の数よりもずっと多い。

 また近年問題視されているのは中高年の覚せい剤使用者が急増していること。警察庁によると、2014年の検挙者の56.4%は40才以上で、1999年の22.5%から格段に増えている。

◆一般人の覚せい剤入手ルートは?

 覚せい剤は、決して遠い世界の話ではない。「アイス」「エス」「シャブ」──いろいろな呼び名がある覚せい剤。清原容疑者の入手ルートは暴力団関係者を通して、と報じられている。でも、一般人と暴力団のかかわりはほとんどない。それなのになぜ、覚せい剤を手に入れられるのだろうか。薬物問題に詳しい弁護士の小森榮さんが言う。

「10年ほど前までは、六本木や渋谷のセンター街、地方でも繁華街など、人が多く集まる路上に売人が立って、無差別に、主に若い子に『いる?』などと声をかけていました。だから当時は、そこで手に入れた人たちが多かった。しかし今では、インターネットで手に入れる人が増えているようです」

 インターネットで“覚せい剤”“ほしい”“手に入れる”などと検索してみると、怪しげな掲示板にたどり着く。“○○県でほしい人090○○○○××××まで”“○g○円”などという文字が並んでいて、買おうと思ったら、誰でもすぐにでも買えそうな状況がある。実際に、今年1月に逮捕された茨城県の女子中学生は、インターネット上に「覚せい剤くれる人いませんか」と書き込みし、それに応えた神奈川県に住む20代男性と連絡を取り合い、覚せい剤使用に至った。

 インターネット以外でも、2013年には都内で、タクシーを貸切にし、車内で密売をしていた運転手ら4人が逮捕されているなど、“覚せい剤売り場”は、街の風景に溶け込んでいる。

「今や、売人も暴力団関係者に限りません。安定した入手ルートを持っている一般の常習者が、別の人に分けて売るケースもあります。ちょっと興味を持てば、誰でも簡単に売って、買える時代なのです」(小森さん)

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ASKA 1か月以上前に覚せい剤所持した容疑で逮捕できた理由
覚せい剤の再犯率 20代は39%で乱用増加する50歳以上は79%
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP