ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ』のエピソード8に、ベニチオ・デル・トロとローラ・ダーンが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月15日(現地時間)、米ディズニーはベニチオ・デル・トロとローラ・ダーンが、映画『スター・ウォーズ』のエピソード8に出演することを発表した。

また、役柄は未定だが、新人のケリー・マリー・トランも次回作に出演することを明かした。

ダーンは、映画『ランブリング・ローズ』と映画『わたしに会うまでの1600キロ』でアカデミー賞にノミネートされている。また、映画『ジュラシック・パーク』では、ヴェロキラプトルやT-レックスを巧みにかわした。次回作には、ジェニファー・フォックスが手掛ける映画『The Tale(原題)』や、ケリー・ライヒャルト監督の映画『Certain Women(原題)』が控えている。

デル・トロは、映画『トラフィック』で道徳上の葛藤を抱えた警官を演じて第73回アカデミー賞助演男優賞を受賞し、映画『21グラム』でもアカデミー賞にノミネートされた。また、映画『ボーダーライン』や映画『野蛮なやつら/SAVAGES』などの作品に出演。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編では、前作に引き続きコレクター役を演じる。本紙ヴァラエティは、以前にもデル・トロが『スター・ウォーズ』最新作で敵役を演じるだろうと報じた。

エピソード8の撮影は、2月15日(現地時間)にロンドンのパインウッド・スタジオで始まった。同作は2017年12月15日に劇場公開が予定され、その興行成績が期待されている。

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督を務めたJ・J・エイブラムスに代わり、映画『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン監督が脚本を手掛ける。また、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、アンソニー・ダニエルズ、グウェンドリン・クリスティー、アンディ・サーキスらは、前作に引き続き最新作にも出演する予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP