ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊徹の大太刀にまた逢える!日本刀の制作実演や大太刀の展示もある「バケモノの子と刀の世界展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岐阜県関市の関鍛冶伝承館は鎌倉時代から受け継がれる関鍛冶の技を現代に伝える施設。ここで2015年夏に大ヒットした細田守監督作品「バケモノの子」とコラボした特別企画展「バケモノの子と刀の世界展」が開催されます。

2015年夏には渋谷ヒカリエで開催された「バケモノの子」展でも好評だった熊徹の大太刀。

「バケモノの子」展で刀鍛冶 吉原國家による熊徹の大太刀モチーフの日本刀が公開


細田守監督作品「バケモノの子」が7月11日より上映スタートし大ヒットが期待されていますが、2015年7月24日(金)~8月30日(日)より渋谷ヒカリエにて『バケモノの子』展が開催されます。…

本展では東京都無形文化財保持者の刀匠・吉原國家氏、関市出身の鞘師・森隆浩氏も制作に参加し、日本屈指の職人が集結して作りあげた大太刀の展示を中心に、映画と刀の両方の魅力を同時に楽しめます。

”熊徹”の大太刀

他にも刀の世界をテーマに「バケモノの子」で使用された設定や、熊徹の衣装、原画、背景美術の貴重な資料を展示。加えて、さすがは関市というイベントも開催。期間中は地元の刀匠・技能士による、日本刀の制作現場の実演や東証による銘切り・居合い斬りのパフォーマンスなども行われる予定。(イベントの開催日は関市の公式サイトでご確認下さい。)映画ファン、刀剣ファンのいずれも満足できる内容となっています。

「バケモノの子と刀の世界展」
会期:2016年2月24日(水)~4月3日(日)※【休館日】毎週火曜日・祝日の翌日(いずれも休日を除く)
時間:9:00~16:30 (入館は閉館の30分前まで)※2月24日(水)のみ、13:30~16:30
場所:関鍛冶伝承館 岐阜県関市春日町9-1
入場料:大人¥500/小人(小・中学生)¥250
※入場者には「バケモノの子」オリジナルコースターをプレゼント(数量限定)

関鍛冶伝承館特別企画展 「バケモノの子」と刀の世界展 開催! | 関市役所公式ホームページ
関鍛冶伝承館|関市観光協会

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「バケモノの子」展で刀鍛冶 吉原國家による熊徹の大太刀モチーフの日本刀が公開
ちょwこれはwww、もしも○○がなかったら。岐阜県関市PR動画「もしものハナシ」がナイス
2015年は徳川イヤー!徳川の城に関する貴重資料盛りだくさん「徳川の城〜天守と御殿〜」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。