ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオン、多彩な29プランを取り揃えたMVNOサービス「イオンモバイル」を2月26日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小売大手のイオンリテールは 2 月 18 日、自社が MVNO 事業者となって通信サービスを提供する「イオンモバイル」を発表しました。イオンモバイルは 2 月 26 日より提供されます。イオンモバイルは、NTT ドコモの 3G / LTE ネットワークを利用した MVNO サービスです。イオンはこれまで他社の SIM カードを端末とセットで販売してきましたが、イオンモバイルでは自社ブランドの通信プランを販売します。イオンモバイルの SIM カードは「イオンスマホ」とセットで購入することも可能です。イオンモバイルの特徴は、500MB から 50GB までの多彩な 29 プランを用意したところと、共有プランを提供するところで、毎月の費用を安く抑えられるだけではなく、家族間でデータ通信分を共有することで、家族全体で費用を安くできます。また、全国 213 店舗のイオンで故障修理受付や料金プランの変更を受付るほか、サービスを利用するのに 2 年縛りなどの長期契約が不要で解除料も発生しません。提供プランは、音声プラン、データプラン、シェア音声プランの 3 タイプで、音声プランは最安 1,180 円 / 月(0.5GB / 月)、データプランは最安 480 円 / 月(1GB / 月)、シェア音声プランは最安 1,780 円(4GB / 月)から利用できます。ほかにも、電話サポート、セキュリティ、安心保証の有料オプションを個別に提供するほか、全てをパックにした「安心パック」も月額 600 円 + 税で提供されます。Source : イオンモバイルイオン(プレスリリース)

■関連記事
Fitbit、心拍センサー付きアクティビティトラッカー「Charge HR」の新色“ティール”を2月19日に国内発売
Huawei MediaPad T2 10.0 Proの画像とスペック情報が流出
Sony、ハイレゾやLDACに対応したBluetoothヘッドセット「h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)」「h.ear in Wireless(MDR-EX750BT)」を3月12日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP