ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【痩せる体質ストレッチ】vol.3: 目指せ、内ももの隙間編

  • ガジェット通信を≫

あせも、黒ずみ、ブツブツお肌。内ももはトラブル多発地帯。

第1回は「むくみスッキリふくらはぎ」のストレッチを、第2回は「脂肪の溜まり場、太もも」のストレッチを紹介しました。

第3回目は内もものストレッチをご紹介いたします。

元・130kgオーバーの超肥満児だった私の経験からして、内ももは様々な肌トラブルが起きやすい箇所です。

・蒸れてあせもが出来る

・歩く度に肉が擦れ合って黒ずむ

・毛穴に皮脂が溜まる

・炎症を起こし、肌がブツブツになる

…など、私は小学生の時すでに、一通りの「内ももの肌トラブル」は経験しましたが、それはそれはいろんな意味で気になるモノでした。

今回はそんな私が考案する、内ももの引き締めと、トラブル改善に効果的なストレッチをご紹介いたします。

伸ばして、緩めて、縮めて、引き締める!

自分の足の重さを利用して、ストレッチ&エクササイズをしてみましょう!

A:壁際で仰向けになり、壁に両足を沿わせて垂直に立てます。

A→B:スピードをコントロールしながら10秒かけてゆっくりと両足を開いていきます。

B:両足を開ききったら、一度深呼吸して10秒間完全に脱力します。

C:10秒間、内ももを軽く両手でトントン叩きます。

C→A:自分の足の重さを感じながら、10秒かけてゆっくりと両足を閉じていきます。

このA→B→Cを1サイクルとし、3~5サイクル行います。

なぜ内ももをトントン叩くのか?

手を軽く握り、手首の力を抜いた状態で、軽くリズミカルに患部をトントンと叩く手技は、「叩打法(こうだほう)」と呼ばれ、マッサージやエステでも使われています。

※炎症を起こして熱を持っていたり、怪我をしていたりすると症状が悪化しますので、その場合は治ってから行ってください。

「叩打法」によって、

→ 神経と筋肉が刺激される

→ 血行が促進

→ 肌が引き締まる

ことが期待されます。

また「叩打法」によって、癒着し凝り固まっている組織に、物理的な振動エネルギーが加えられ、2サイクル目、3サイクル目のストレッチがより伸びやすくもなります。

ストレッチの効果!

このストレッチで、内ももの筋肉を最大可動範囲で伸び縮みさせることで、全ての内もも筋が使われ、今までにない引き締まり感が得られると思います。

内ももが引き締まり、股ずれが軽減すれば、新陳代謝の過程で、あせもや黒ずみは徐々に解消されていきます。

さらに、このストレッチを実践していれば

→ 隅々の細胞にまで毛細血管が延伸

→ 規則正しい肌のターンオーバーが取り戻される

→ 雑菌に対する免疫力も向上

→ ブツブツ肌が改善!

という効果も期待できます。

内もも引き締め&トラブル解消のストレッチ。みなさんぜひともトライしてみてください。

~パーソナルトレーナー: 生西 聖治~

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠中でもできる【坐骨神経痛】改善のストレッチ
話題の「断食肌」。果たして、その効果は!?
つらい鈍痛。生理痛は”体をほぐすストレッチ”で和らげよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。