ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米AT&T、「Xperia PLAY 4G」を9月18日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米AT&Tが「Xperia PLAY 4G」を米国時間9月18日より発売すると発表しました。価格はAT&Tとの2年契約で$49.99と低く設定されています。「Xperia PLAY 4G」はPlayStation Certified取得済みのAndroidスマートフォンです。ゲーム用のコントローラが特徴。また、ステレオスピーカーを搭載するところも特徴の一つ。名前に”4G”と付きますが対応するのはLTEではなくHSPA+です。AT&Tモデルには同社の限定カラーとして”ステルスブルー”が提供されます。パッケージにはMultimedia Dock「DK300」とライン出力用ケーブル「 MC100」が含まれるそうです。プリインストールゲームは以下の通り。 Dungeon Defenders Asphalt™ 6 Adrenaline Star Battalion Madden NFL™ 11 The Sims™ 3 Tower Bloxx™: My City Crash Bandicoot®(PS1ゲーム)スペックは4インチ(解像度854×480ピクセル、FWVGA)サイズの液晶ディスプレイ、モバイルBRAVIAエンジン、MSM8255 1GHz、512MBのRAM、1GB(アプリ領域400MB)、マイクロSDカードスロット、背面に510万画素のCMOSカメラ(AF、フラッシュ付)、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、DLNAに対応。OSはAndroid 2.3.3(Gingerbread)。Source : AT&T


(juggly.cn)記事関連リンク
SIMロックフリーのXpeira rayが英国で発売
「Nexus Prime」ではなく「Galaxy Nexus」??
米Cricket、Muve Music対応のAndroidスマートフォン「Samsung Vitality」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。