体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元南極料理人が切り盛りする、横浜「Bar de 南極料理人 Mirai」で日本最古のドライカレーを味覚探検!!

元南極料理人が切り盛りする、横浜「Bar de 南極料理人 Mirai」で日本最古のドライカレーを味覚探検!!

f:id:Meshi2_Writer:20151030213554j:plain

南極越冬隊員に大好評だった極太スパムおにぎり

ども、メシ通レポーターの松沢です。まだまだ肌寒いのに、今回はなぜにまたタイトルが南極?

間が悪いことで有名な松沢ですが、今回は外しません。日本最古のドライカレーが横浜にあると聞いて調べていたら、JR関内駅からすぐ近くのお店「Bar de 南極料理人 Mirai」で出されているのが分かりました。シェフは篠原洋一さんという著名な方。篠原シェフは、南極観測隊の調理担当を2回務め、豪華客船「飛鳥」「飛鳥Ⅱ」の和食総料理長を14年も務められた経歴をお持ちです。 わかりやすくいうと、和食業界の村上春樹先生みたいな方です。

「Bar de 南極料理人 Mirai」というお店の名前も、篠原シェフの経歴からのネーミングなんでしょうね。でも、なんで和食の大御所がカレーなんだろう? てなわけで、さっそくお店へ出かけてみました。

f:id:Meshi2_Writer:20151030213709j:plain

お店は、JR関内駅を出て伊勢佐木町モールに入ってすぐ右。ここです。「Bar de 南極料理人 Mirai」!

f:id:Meshi2_Writer:20151030214727j:plain

スロープを降りていくと、

f:id:Meshi2_Writer:20151030221203j:plain

趣のある店内が目の前に。

f:id:hotpepper-gourmet:20160215120032j:plain

「いらっしゃいませ。お好きな席にどうぞ」と、篠原シェフが出迎えてくれました。超大御所のシェフの前に、松沢は緊張しまくり。

「さっそく南極ドライカレーからお出ししましょうか?」

篠原シェフから、そうお勧めしていただいたんですが、どうしても先に食べてみたかったものがあるんです。

f:id:Meshi2_Writer:20151030222054j:plainスパムおにぎり(650円)

これです、これ。以前、本で読んだことがあるんですが、第50次南極観測隊の隊員に大人気のメニューだったとか。和食の大御所シェフが作るおにぎりなら、なにか一手間かけてあるに違いない。そうふんだわけです。

f:id:Meshi2_Writer:20151030222436j:plain

見て下さい、この迫力。これぞまさに男メシ。『メシ通』読者のためにあるようなメニューではありませんか。松沢は親指が太いので、さほど大きくないように見えますが、一般的な握り寿司の3倍くらいの大きさ。ボリューミーなのに、するする食べられてしまう。

スパムは塩分が抜いてあって、しかも両面とも炙る手間の入れ方。ごはんとスパムの間にマヨネーズが塗ってあるのに、全然しつこくない。ふんわり握られたおにぎりが、炙った香ばしいスパムの肉汁とマヨネーズを包み込んで、甘味すら感じる優しい味になってます。たしかにおにぎりなんですけど、酢飯を使わずに、火が入ったネタが乗った握り寿司を食べてるような食感です。

現在はランチ営業はやってないそうですが、お昼時に食べられるなら、必ずオーダーしてしまいそう。なるほど。この味なら閉鎖的な空間で長期間過ごす南極観測隊員には喜ばれたでしょうね。

ふつうのおにぎりも作ってたんですけど、スパムおにぎりは、第50次南極観測隊の隊員の人気メニューでしたね。基地は生鮮品がなかなか入らないし、短時間で調理しなければいけないから、麺類が増えるんです。もちろん、調理人だから工夫はするんですけど、毎日麺類ばっかりだったら飽きるでしょう? それと、なにかしら観測の仕事をしながら食事をとる隊員が多いということで、考案してみたんですよ。スパムおにぎりは必ず大量に作って食堂に置いておくように心がけていました。というのも、南極の観測基地は閉鎖的な空間なので、食品がなくなりはじめたとかいった噂が出るだけで、隊員が不安になってしまう。スパムおにぎりを食堂に大量に置いておけば、食糧が大量にあることが一目で分かってみんな安心できるし、隊員も手軽に食事ができるから一石二鳥なんです。ポケットに入れておいて、おやつ代わりに食べる隊員もいましたね。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。