ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニコニコ超会議2016、「QVCマリンフィールド」へ会場を拡大し過去最大規模で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドワンゴは、2016年4月29日・30日に幕張メッセで開催する、動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2016」の新企画および詳細を発表した。

ニコニコ超会議はこれまで、初開催の2012年から第3回目の2014年まで、幕張メッセ国際展示場1~8ホールおよびイベントホールで開催。第4回目の2015年には初めて会場を増床し、幕張メッセの全エリアとなる幕張メッセ国際展示場1~11ホールおよびイベントホールを使用して開催した。そして第5回目となる今年は、昨年同様の幕張メッセ全エリアに加え、隣接する野球場「QVCマリンフィールド」も会場にし、過去最大規模でイベントを開催する。

超野球 千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ

プロ野球公式戦中継やキャンプ中継など、ニコニコ生放送で放送された2015年の番組視聴者数が4,000万人を超えるカテゴリー「野球」が、超会議のリアルの会場に出現。4月29日にQVCマリンフィールドで行われるパ・リーグ公式戦の「千葉ロッテマリーンズ 対 北海道日本ハムファイターズ」とニコニコ超会議がコラボレーションした「超野球」を初開催する。超野球では、観客席の一部を超会議来場者に無料開放する「超野球観戦シート」を設置し、超会議入場券を持った来場者は追加料金なしで球場観戦することができる。また、7回裏に実施されるラッキー7でファンによって飛ばされるジェット風船をグラウンドから片づける「ジェット風船お片づけ」や、球場内で来場者が生放送配信できる「超野球ユーザー生放送」など、ユーザー参加型企画を多数実施し、球場ならではの体験をすることができる。※プロ野球が雨天中止の場合は翌日4月30日の試合で実施予定

「超刀剣」に「超・真田丸」、日本の歴史を体験できる超会議初企画

超会議では、ユーザーに企画を委ねてさまざまな自作展示物やパフォーマンスが披露される「まるなげひろば」を毎年実施し、さまざまな自作の武器なども展示されてきた。その超会議に今回は、日本伝統の「作ってみた」として本物の刀剣が参戦。「折れず、曲がらず、よく切れる」700年以上の歴史と伝統を持つ“刃物の都“、岐阜県関市の刀匠のみなさんが超会議に参加し、「超刀剣」ブースを設置します。ブースでは、岐阜県関市の重要文化財でもある名刀『兼元』『兼定』の展示コーナーや、ブース内に設営された日本刀鍛錬場で刀鍛冶の実演も実施。さらに、来場者が実際に古式日本刀鍛錬を体験できる企画も実施する。

大河ドラマ「真田丸」、超会議にいざ参る!いざ群雄割拠の幕張に攻め込まん!
ニコニコ超会議2016では新たに、NHK大河ドラマとコラボしたブースを新設。「超・真田丸」ブースでは、左官・ 挾土秀平氏が題字「真田丸」に「超」を足した超会議向けオリジナル題字「超・真田丸」を巨大土壁に描くライブパフォーマンスを披露する。また、来場者も土壁の左官体験が可能。さらに、本格甲冑に囲まれての記念撮影コーナーの設置や、合戦場の本陣をイメージしたセットの中で「殿!殿!殿!ご決断を!」と決断を迫られながら総大将気分が味わえる企画「ニコニコ超軍議」が行われる。

音楽イベント 出演アーティスト第1弾発表

「超音楽祭」出演アーティスト(2月17日付、五十音順)
RAB(リアルアキバボーイズ)/AiZe/綾野ましろ/アルスマグナ/A応P/GARNiDELiA/Gero/でんぱ組.inc/春奈るな/松岡充/妄想キャリブレーション/ROOT FIVE/
「超演奏してみた」出演アーティスト(2月17日付、五十音順)
伊藤一朗(Every Little Thing)/大渡亮(Do As Infinity)

「向谷実Produce! 超鉄道」

~大阪駅から海浜幕張駅をつないだ特別運行ツアーも実施~
鉄道ファンから毎年人気を集めているブース「向谷実Produce! 超鉄道」では、鉄道ファン必見の企画を今年も多数開催。Nゲージを使用した鉄道ジオラマの設営や、本物の運転手・車掌の制服でなりきりコスプレが出来るフォトスポット、103系トレインシミュレータとホームドアを使った運転士体験に参加ができる。また、幕張メッセに向かうツアー企画として、大阪駅から海浜幕張駅をつないだ特別な運行経路を寝台夜行電車583系車両「超会議号」が運行する「超会議号ツアー」を実施する。

「超ドローン」~超会議初の人類立ち入り禁止ブース~

ニコニコでは、2015年7月に放送した「ニコニコ23.5時間テレビ」番組内で、ドローン100台を使用した「ドローン大運動会」を実施し、赤組50台と白組50台に分かれ「むかで競争」「玉入れ」「応援合戦」等の様々な競技に挑戦。同年10月にはドローン単独の番組「ドローン大運動会2」を開催し、ドローンの性能を活かした生放送企画を実施してきた。そして今回、超会議初企画となるドローンブース「超ドローン」を実施する。同ブースでは、ドローンだけが立ち入れるエリアと数十台のドローンを用意し、エリア外から来場者がドローンを操作してクレーンゲームを楽しめる企画を行う予定。

今年も恐怖がやってくる「超ホラーゲームお化け屋敷」

昨年は最大5時間待ちと多くの来場者を集めた、ホラーゲームを題材にした「超ホラーゲームお化け屋敷」を今年も実施。お化け屋敷の中はホラーゲームの場面やギミックが再現されており、来場者をホラーゲームの主人公気分にする。リアルなブースだけでなく、昨年30万人以上の視聴者を集めた、生放送視聴者がお化けの驚かせ方をネットで指示できる「逆ホラー生放送」を今年も行う。

アニマルビデオの超スターが超会議に参戦

ニコニコ動画に投稿されている動物動画のなかでも根強い人気を集める「スローロリス」が初めて超会議にやってくる。会場では、絶滅危惧種に指定されているスローロリスの愛らしい姿を間近で楽しむことができる。また、超会議初出演を記念し、ニコニコ生放送で毎月実施している番組「今月のいきもの」では、スローロリスの24時間生放送の実施も決定。超会議を前にいち早く、ニコニコ生放送でスローロリスの愛らしい姿を視聴できる。

ニコニコ史上 過去最少規模の新イベント「ニコニコ家会議」を開催
ニコニコではこれまで、新サービス発表とユーザーパフォーマンスが融合した「ニコニコ大会議」、最大規模で開催する「ニコニコ超会議」、超会議の地方出張版「ニコニコ町会議」、海外で開催する「ニコニコ国会議」、ゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議」など、様々なイベントを開催してきたが、過去最少規模で行う新イベント「ニコニコ家会議」を新たにスタートする。「ニコニコ家会議」は、「ニコニコ超会議2016」開催前の3月から4月の期間に日本各地を巡り、ニコニコユーザーの家を会場にして、大規模なイベントでは見えない、ユーザー1人1人の企画や動画、生放送でニコニコの面白さを再発見するために開催する新イベント。同イベントではニコニコユーザーが主催者となり、各ユーザーの家の中にある道具や機材を使って、「踊ってみた」「歌ってみた」「料理」「ゲーム」などのニコニコに存在する様々なカテゴリの企画をしてもらい、その様子を生放送する。各家で実施された企画の一部は、「ニコニコ超会議2016」でも実施する。

イベント情報
ニコニコ超会議2016
主    催:niconico
会    場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
開催期間:4月29日(金・祝)、4月30日(土)
入 場 券:一般入場券…【前売券】 1,500円  【当日券】 2,000円【2日通し券】 2,500円
     優先入場券…【1日指定券】 1,600円  【2日通し券】 2,700円
     団体入場券…【1日指定券】 1,500円

ニコニコ超会議2016 企画一覧(2月17日付、五十音順。一部仮称含む。)
  痛Gふぇすた出張編 in ニコニコ超会議2016/N高等学校入学案内所(仮)/ オープニングセレモニー中曽根OFF/公式ユーザー記者/ゲームマーケット/在日米陸軍ブース/THE VOC@LOID 超M@STER 34/自衛隊ブース/スローロリス/超アニメエリア/超囲碁・将棋/超歌ってみた~Supported by LIVE DAM STADIUM~/超演奏してみた/超お絵かきチャレンジ だいたいあってる/超踊ってみた/超音楽祭2016/超巨大アナログ壁画/超ゲームエリア/超コスプレエリア/超・真田丸/超ZUNビール/超チャンネル生放送/超刀剣/超トークステージ(仮)/超ドローン/超ニコニコ結婚式/超ニコびじゅLIVE/超ニコラジ/超フードコート/超フェイスペイント/超物販/超ボーカロイドエリア/超ホラーゲームお化け屋敷/超まるなげストリート powered by ニコつく/超ミジンコ/超野球/超ユーザー生放送/TRPG即売会/帝都軍事超宴会/ニコつく2016/ニコニコ頂神社~崖の上の神様~/ニコニコ超年表/ニコニコ三井住友VISAカード VIPラウンジ/ニコニ立体写真館/日本ネットクリエイター協会/博麗神社例大祭 超濃縮/向谷実Produce! 超鉄道/ユーザー応援企画 ※企画名は変更する可能性がございます。

関連リンク

ニコニコ超会議http://www.chokaigi.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP