ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で最新映画をタダで楽しめる!? オンライン試写会「青山シアター」を体験!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

試写会といえば、一般的には映画館に足を運んで公開前の映画を無料で楽しむことができる。しかし今は、オンラインで映画も楽しめる時代。ネット環境につながったPCやスマホがあれば、無料で簡単に応募でき、当選すれば日本中どこにいても作品を鑑賞することができるのだ。

そんなオンライン試写会のサービスを展開しているのが、映画配給会社のギャガが運営する動画配信サイト「青山シアター」。オンライン試写会は未体験の筆者だが、どのような流れで試写会に応募して作品を鑑賞するのか、実際に体験してみた。

青山シアターのトップページ

青山シアターのコンセプトは“オンラインで楽しむ映画館”。ギャガで配給している作品を中心に、邦画や洋画、ミニシアター系作品まで、約1600タイトルに及ぶ作品をサイトで有料配信しているのだ。

同サイトのオンライン試写会は、新作の公開時期に先駆けて実施している。応募方法はサイトに無料登録し、期間内に応募するだけでOK。各作品、抽選で約100名程度の当選枠が用意されている。

当選すると、視聴できる日時が指定されたメールが登録アドレスに届く。視聴できる時間帯にマイページにログインすると、視聴可能コンテンツ内にある「オンライン試写会」の項目に当選した作品がアップされている。

筆者は今回、映画『ディーン、君がいた瞬間』のオンライン試写会を体験した。作品名をクリックすると、劇場風の鑑賞ページに移動するので、あとはYouTubeの動画を見るように、作品を鑑賞するだけだ。

締め切り仕事が差し迫っているが、試写会を始めてしまう筆者

鑑賞した作品はレビューを投稿することもできる。書き込んだレビューはサイトのトップページに反映されるので、感想を共有したい人は利用してみるといいだろう。

PCやスマホの小さい画面で映画鑑賞するのは物足りないという人もいるかもしれないが、意外と没頭して観ることができた。仕事や家事などの合間にサクッと映画が見たいライトな映画ファンには良さそうだ。同サービスの狙いについて、同社宣伝部の下田良子さんは次のように話す。

「従来の試写会は東京や大阪など、都市部の劇場だけで行われるのが一般的。地方に住んでいて、なかなか映画館に足を運べない人もいるので、そうした方々に試写会をより身近なものに感じてもらいたいと思っています。オンライン試写会をきっかけに、より多くの人に『劇場に行こう!』と思ってもらえたらうれしいですね」

配給会社ならではの豊富なコンテンツも魅力の青山シアター。オンライン試写会のラインナップは随時更新されていくので、体験してみたい人はサイトから気軽に応募してみてはいかがだろうか?

(根岸達朗+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP