ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どんな資格を持っている?30代に人気の資格5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚や出産、昇進など多くのライフイベントがある30代ですが、そんな中、いまだからこそ将来の為、スキルアップの為に資格を取得する方がとても多くいらっしゃいます。何の資格をとればいいのか、そんな悩みをお持ちの方に30代に人気の資格をご紹介します。

スキルアップのために大切な資格~30代~

TOEIC

グローバル化している現代。英語の資格を取得していることが、昇進の基準の1つになっている企業が増えています。その英語の資格でも、主に基準とされるのがこのTOEICです。「○○○点以上であること」などが書類に明記されている場合も多く、英語を本格的に学ぶべき時代がきたことを強く感じます。英会話とは少し異なり、日常英語はもちろん、ビジネスシーンで多く使われる英語も出題されます。これから海外の企業と取引をしていく中で、とても大切な資格となります。

ファイナンシャルプランナー

長い人生、就職・結婚・出産など様々な変化がありますが、その人生設計をサポートする資格が、このファイナンシャルプランナーです。これからどのように貯蓄をしていけばいいか、こんなときはどうすればいいかなどを、支出や資産、家族構成などから適格なアドバイスをするプロフェッショナル!仕事としてはもちろん、自分自身の人生設計のためにも役立つ資格でもあります。30代と言えば、結婚して子供が生まれて……、転職を考えていて……など様々な悩みがある年代。そんな時こそ自分でしっかりこれからを見直しましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

全てがWEBを使って手続きできる時代。パソコンが使いこなせることが強い武器になる時代がやってきました。仕事のプレゼンテーション・資料作成・契約書作成・取引先とのメールのやり取りなど、パソコン操作が仕事の基本となっている為、転職時にはとても優遇され、昇進時にも考慮される資格でもあります。確かに、職場でパソコン操作が得意な人は一目置かれ、仕事も早い印象がありますよね。ワード、エクセル、パワーポイントなどの基礎をしっかりと学び、これからの仕事に活かしていきましょう。

転職したい!そんな30代にお勧めの資格まとめ

行政書士

行政書士とは、行政と国民の間に立ち、書類の作成や提出などを行い、依頼者の手続きを円滑に進める公的書類のスペシャリストです。例えば、車の購入をしたときには登録のために住民票・車庫証明が必要となりますが、行政書士の資格を持っていれば、依頼者との契約さえすれば代理で全てその書類を揃えることができるのです。個人で書類を作成して提出となると、不備で書き直しの場合も多く、最近では書類のプロである行政書士に任せているという方がほとんどです。取得が難しい資格ではありますが、その分求人数や収入も安定しているため、転職希望の方には強い味方になる資格と言えるでしょう。

簿記

土日休み、残業ほぼ無し、デスクワーク、この3つの特徴から転職したい仕事NO1と呼ばれる事務ですが、転職するにはまずこの簿記の資格があるかが1つの基準になります。事務の求人票を見てみると、簿記○級以上といった応募基準が明記されている場合が多く、この資格があるかないかで応募できる求人数に差がでてしまいます。また、入社後のお給料にも差が出る場合が多く、本気で事務に転職を希望しているのであれば、必ず取得しておいた方が良い資格と言えるでしょう。また、簿記の資格を取ることで、会計士事務所などでも働くことが可能であるため、人気の資格でもあります。

人生の分岐点である30代。あなたはどう過ごす?

30代と言えば、人生の分岐点と呼ばれています。プライベート面でも生活の変化はもちろん、仕事でも昇進や転職を意識する年代です。今、何をするかで今後の人生も大きく変わります。何かがあったときに焦るのではなく、今からこれからの人生のために資格を取得しておきませんか?

ケイマナニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP