ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第58回グラミー賞の行方をInstagramが初めて予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第58回グラミー賞の行方をInstagramが初めて予測。テイラー・スウィフト、クリス・ステープルトンがトップ

アメリカ西海岸15日に開催予定の第58回グラミー賞。今年はヒップホップアーティストのケンドリック・ラマーが実験的なラップアルバム「TO Pimp a Butterfly」で11部門、テイラー・スウィフトとThe Weekndがそれぞれ7部門でノミネーションされている今年最大の音楽アワードの授賞式を前に、Instagramが同サービスとして初めてとなるグラミー受賞者の予想を発表しています。

The GRAMMY Awardsさん(@thegrammys)が投稿した写真 – 2015 12月 7 7:53午前 PST

Instagramの予測方法はというと、12月のノミネーション発表から集計した各ノミネートに関するメンションを各賞ごとにランク分けし、月間4億ユーザーのInstagramユーザーがどのアーティストについて最も投稿しているかをベースにしています。

Instagramのデータによれば、テイラー・スウィフトが「1989」で最優秀アルバム、「Blank Space」で最優秀楽曲賞をダブルで受賞。

またカントリー・ミュージックでは、クリス・ステープルトンが「Traveller」でアルバム賞と楽曲賞を受賞すると予想されています。

この背景にはテイラー・スウィフトのInstagramには、6600万人以上のフォロワーが付いていることからも、どれだけソーシャルメディアで影響力があるかが、Instagramの予測から伺えます。注目のグラミー賞授賞式は日本時間16日(火)10時から開始です。

さまざまなアーティストにとってInstagramが重要なSNSとなったことに加えて、Instagramは2015年4月に、音楽専門の「@music」アカウントを運用開始しました。ここでは、アーティストに関連する写真や動画や歌詞、ライブの様子など、大物アーティストから無名のアーティスまで音楽に関連するストーリーをカバーし日々配信するなどして、アーティストやクリエイターにとってますますInstagramは欠かすことの出来ないコミュニケーションツールとなっています。

最優秀新人賞(Best New Artist)
1. メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)

2. トリー・ケリー(Tori Kelly)

3. ジェイムス・ベイ(James Bay)

最優秀ダンス・エレクトロラック・アルバム賞(Best Dance or Electronic Album)
1. Disclosure:Caracal

2. Jamie XX:In Colour

3. Caribou:Our Love

最優秀ロック楽曲賞
1. ジェイムス・ベイ:Hold Back the River

2. エル・キング:Ex’s & Oh’s

3. Florence + the Machine:What Kind of Man

最優秀楽曲賞(Song Of The Year)
1. テイラー・スウィフト:Blank Space

2. エド・シーラン:Thinking Out Loud

3. Wiz Khalifa:See You Again

最優秀アルバム賞(Album Of The Year)
1. テイラー・スウィフト:1989

2. The Weeknd:Beauty Behind the Madness

3. ケンドリック・ラマー:To Pimp a Butterfly

最優秀R&B楽曲賞
1. The Weeknd:Earned It

2. Miguel:Coffee

3. Tyrese:Shame

最優秀ラップ楽曲賞
1. ドレイク:Energy

2. Fetty Wap:Trap Queen

3. ケンドリック・ラマー:Alright

最優秀ラップ・アルバム賞
1. ニッキー・ミナージュ:The Pinkprint

2. ドクター・ドレー:Compton

3. ケンドリック・ラマー:To Pimp a Butterfly

最優秀カントリー楽曲賞
1. クリス・ステープルトン:Traveller

2. Little Big Town:Girl Crush

3. リー・アン・ウォーマック:Chances Are

最優秀カントリー・アルバム賞
1. クリス・ステープルトン:Traveller

2. サム・ハント:Montevallo

3. ケイシー・マスグレーブス:Pageant Material

The GRAMMY Awardsさん(@thegrammys)が投稿した写真 – 2016 2月 11 8:56午後 PST

現代の音楽シーンで最も重要なプロデューサーであるにもかかわらず、グラミー賞でも自由な服装のリック・ルービン。

■記事元http://jaykogami.com/2016/02/12728.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman.net
カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP