ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NTTドコモ、LTE対応Honeycombタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」を正式発表、デュアルコア1.5GHz CPUを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは9月8日、同社のLTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応するAndroidタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」を発表しました。今年10月に発売。Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dは、Android 3.2(Honeycomb)、10.1インチWXGAのタッチスクリーン、Qualcommのデュアルコア1.5GHzプロセッサーを搭載したSamsungのAndroidタブレット。厚さ8.6mm、質量565gというスリムで軽量ながらも7,000mAhという大容量のバッテリーを搭載したことが特徴。Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01DのUIはSamsung独自の”TouchWiz”で、リサイズ可能でリアルタイム通知に対応したウィジェット(天気や写真フレーム、コンタクト情報など)を含む”Live Panel”、頻繁に利用すると思われる6つのアプリをいつでも起動できる”Mini Apps Tray”が含まれています。別売のオプション品であるUSBアダプタ(SC01)、HDMI変換ケーブル(SC92)を利用できます。Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dのスペックは以下の通り。 OS:Android 3.2(Honeycomb) UI:Samsung TouchWiz UX、Live Panel、Mini App サイズ:256.6mm(H)×172.9mm(W)×8.6mm(D) 重さ:約565g ディスプレイサイズ:10.1インチ、解像度1,280×800(WXGA) ディスプレイ:PSL-LCD、16Mカラー、静電容量式、マルチタッチ チップセット:Qualcomm デュアルコア1.5GHz、MSM9200 LTEモデム GPU:Adreno 220 メモリ:1GB ストレージ:16GB 外部メモリ:非対応 リアカメラ:320万画素CMOS フロントカメラ:220万画素CMOS 対応周波数:GSM(900/1800/1900)、WCDMA(800/2100MHz)、LTE 2100MHz HSDPA:14.4Mbps HSUPA:5.76Mbps ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 3.0 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、30pinドックコネクタ センサー類:加速度、ライト、ジャイロ、デジタルコンパス、GPS/A-GPS対応 バッテリー:7,000mAh 連続待受時間:- 連続通話時間:- 機能など:DLNA おサイフケータイ:非対応 ワンセグ:非対応 赤外線通信:非対応 spモード:対応 Wi-Fiテザリング:対応(最大5台まで) 緊急地震速報(エリアメール):- Flash Player:10.3プリインストール SIMタイプ:ドコモUIM(通常サイズのSIM) カラー:ピュアホワイト 


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、ビエラ用のリモコンアプリ「VIERA remote」を明日9日より提供
NTTドコモが発表したXi(クロッシィ)対応タブレットや新サービス、料金プランなど
NTTドコモ、LTE対応Honeycombタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。