ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【カナダ】冬だからこその魅力がいっぱい!オンタリオに行くべき5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダは四季折々に豊かな表情を見せる美しい国。特に冬のオンタリオ州は、静けさの中に凛とした空気が張りつめる特別な季節です。カナダ旅行に冬の選択はあまり浮かばないようですが、実は世界のトラベラーにとってカナダは冬もオン・シーズン。冬だからこそ楽しいオンタリオ州の魅力を紹介します。

圧巻&絶景! 凍るナイアガラの滝

晴れ渡った青空の下でアイスブルーに彩られたナイアガラの滝は、夏とは色も景色も全く違う装いです。滝の凍結の度合いは、その年の気象条件によって左右されますが、マイナス20℃を超える日が続くと凍結を始めるそうです。その姿は、一面氷と雪に覆われた白銀の世界。水しぶきによって、岸壁には白鬚のような氷柱が連なり、木々や街灯までもが樹氷の花を咲かせるのは、この時期にしか見ることができない自然の芸術作品です。夏のナイアガラの滝を見たことのある人はきっと驚かれることでしょう。

雪景色を眺めながらワイナリーランチ

ナイアガラの滝から車で20分。小さな可愛らしい街と葡萄畑が広がるナイアガラ・オン・ザ・レイクには、たくさんのワイナリーが集まっています。ここでは、気候や土壌などの条件がフランスのボルドー地区とよく似ており、質のよいワインが造られています。また、ナイアガラの滝が凍るほどの寒さがやってくると、アイスワイン用の葡萄の収穫期を迎えます。アイスワインとは、冬の到来まで収穫を遅らせることによって、自然凍結した葡萄で造られるワインのこと。気温がマイナス8度以下となる夜間及び早朝に、凍った状態の葡萄をひとつひとつ手作業で摘み取り、そのまま圧搾されます。その後、半年ほど発酵させて瓶詰めされ、さらに数か月間保管してようやくアイスワインができ上がるのです。

ワイナリーに併設するレストランでは、地元の素材を活かした料理が評判を呼んでいます。雪の葡萄畑を眺めながら、暖かい室内でゆっくりと時間をかけて食事とワインを愉しむ、贅沢なひとときを過ごしたいですね。

トロント食の祭典「ウィンターリシャス」で人気レストランをいつもよりおトクに

ウィンターリシャスは、開催期間中200以上の人気レストランで普段よりおトクに味わえる食のイベント。参加店がそれぞれ、前菜、メイン、デザートからなるコースを、ランチ:C$18、C$23、C$28、ディナー:C$25、C$35、C$45のいずれかで提供しています。いつもはちょっと敷居の高いレストランの料理を、お手ごろ価格で食べられるとあってトロントっ子に大人気。多数の移民が暮らすトロントには、世界各国の本場の料理が楽しめる文化があり、食のレベルはかなりなもの。ウィンターリシャスにもさまざまなレストランがリストアップされています。参加店舗は、厳しいチェック項目をクリアしているレストランの中から選ばれ、ウィンターリシャス・オフィシャルサイトで検索可能。夏季には、同様のイベント「サマーリシャス」が毎年7月上旬に開催されています。

ふかふか雪をハイキング&動物ウォッチング

トロントから車で2時間ほど北に走ったところに位置するマスコーカ地方では、日本では体験できないようなワイルドなアクティビティが待っています。例えトロントに雪がなくても、ここは白銀の世界。こんもりと雪に覆われた森の中では、大人も子供も夢中になって遊んでいます。中でも一番人気がドーナツ型の大きなチューブに乗って一気に滑るスノーチュービング。くるくる回転しながら勢いよく滑り降りていくのは、なかなかスリリング。オンタリオのウィンター・リゾートなら、大抵はチューブ・パークが用意されています。

雪が大好き元気な犬たちが引っ張る犬ゾリもおすすめ。ソリに乗って雪の上を疾走するのも楽しいけど、犬を操る「マッシャー(そりの運転者)」体験もエキサイティング。ひとたび走リ出すと頼もしい相棒に。彼らとの一体感を味わえる貴重な体験です。

ふかふかな新雪を歩きまわることができるスノーシュー(雪の上を歩く道具、西洋版「かんじき」)は、誰でも気軽に楽しめます。森を歩いていると聞こえてくる鳥の鳴声に癒され、優しい気持ちになります。野鳥を探したり、小動物の足跡を見つけたり、自然観察をするのにもぴったり。

日本ではマイナーだけど北米ではめちゃくちゃ人気のアイスホッケー観戦

アイスホッケーは、北米や北欧ではものすごい人気のスポーツ。プロホッケーの最高峰NHLの試合は、スター選手が勢ぞろいで大乱闘も含めて迫力満点! トロントは、北米全体でも数少ないNHLとその下部リーグAHLの2チームが本拠地を持つ街。それだけアイスホッケーにアツい街なのです。

ただ、NHLは高額な上に入手困難なため、初めての観戦ならAHLもおすすめ。ピザとビールを片手にローカル感たっぷりの雰囲気を味わえますよ。もちろん大乱闘だって期待できます。細かいルールを知らなくても、スピード感あふれる試合運びと観客の熱狂ぶりを体感するだけで十分楽しいもの。試合観戦の後は街のスケートリンクに行って思いっきり滑りたくなっちゃいますよ。

洗練された大都会と大自然を行き来できる欲張りな旅がオンタリオ旅行の醍醐味です。その上、日本からはエア・カナダが羽田からトロントまで直行便を就航させているため、とっても行きやすいのです。

雪の大自然で思いっきりアクティビティを楽しめて、幻想的な絶景が見られるのは冬だけ。冬だからこそ楽しめる魅力がオンタリオ州にはたくさんあります!

[All photos by Hiromi Suzuki]
[取材協力/カナダ・オンタリオ州観光局]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP