体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

生活・趣味

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

2016年になってまだ初詣に行っていなかったので台湾で行ってきました。台北一のパワースポットとも言われている龍山寺。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

仏教の観音菩薩だけでなく道教や儒教の神様もまつられていて神様のデパートと呼ばれたりも。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

お寺自体の装飾も見事で夜の雰囲気もとてもいいです。まず右側の入り口から入ったら、すぐのカウンターでお線香をもらいます。もらった三本のお線香を持って前殿・本殿・後殿の順にお参り。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

後殿には19の神様が並んでいます。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

全員にではないけど順々に、名前・住所・生年月日・お願い事をしつつご挨拶。最後におみくじをひきました。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り

台湾式のおみくじのひきかたは日本とちょっと違います。まず何の悩みについておみくじをひきたいか神様に伝えます。その内容でいいかどうかを木片2つを投げてその結果で判断します。木片は表・裏があります。投げて出たのが「裏・表」の組み合わせであればOKのサイン。「表・表」や「裏・裏」だった場合は3度までやり直ししてOK。4度目もそうだったらその悩みでおみくじをひいてはいけないという意味だそうです。

「裏・表」だったのでおみくじをひきましょう。木の棒の束から1本選択。書かれている数字は【九十六】でした。今度はこの番号でいいかまた木片を投げて神様にお伺い。「裏・表」だったのでOK。脇にある引き出しから番号の紙を自分で取りだします。

台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り 台湾式のおみくじも。台北一のパワースポット「龍山寺」でお参り
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会