ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニパト? しまパト? おしゃれインスタの裏側

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生きたファッション情報をチェックするのに、いまや欠かせないInstagram。
ただ、インスタの世界ってやっぱりどこかリアルじゃない。薄々そう感じている人も多いはず。日々のファッションが綴られるpicにいたっては、実はツッコミどころも満載…。
そんな私たちの密かな気持ちを代弁してくれるアカウント@kobitomonster00を発見。わかる!と思わずつぶやいてしまう、少しシュールな視点が痛快です。

見たこと、あるある! この#ootdポーズ

A photo posted by kobito (@kobitomonster00) on Feb 11, 2016 at 1:35am PST

インスタグラマーのボージングって、独特なんですよね…。「スタバとか言いつつ自分アピ」には思わず笑っちゃいました。でも、スタバって、どこにでもあるのにおしゃれな世界観をつくるのにちょうどよくて便利なんです…。

「こなれ」を作るのに実はみんな必死…

A photo posted by kobito (@kobitomonster00) on Feb 5, 2016 at 1:18am PST

「おしゃれはガマン」とはよく言いますが、Instagramの裏側といったらまさにソレ(笑)。ヴィジュアル的にはイケてても、寒かったり暑かったり、動きづらかったり。でも、実際の着心地で楽しめないからこそインスタで楽しむべしなんです。

命のポージングは、徹底研究を

A photo posted by kobito (@kobitomonster00) on Dec 20, 2015 at 1:26am PST

ポージングによって見えかたがかわるなら、とことん研究します! でもそれは我々一般人だけでなく、プロのモデルさんだって同じこと。見えかたを研究したことで、普段の何気ないポーズにも生かされているはず!

ユニジョ&シマラーの陰ながらの必死な「パト」

A photo posted by kobito (@kobitomonster00) on Dec 17, 2015 at 8:01pm PST

Instagramをきっかけに有名人となった人もいます。ユニクロやしまむらをおしゃれに着こなす、アレです。でもそれには陰ながらの「ユニパト」や「しまパト」の努力のたまもの。地道にお店をチェックするからこそなのです。
そうはいっても、やっぱりInstagramでファッションを綴ったりチェックしたりするのって、とっても楽しいしいまや私たちのライフワークだったりもします。
ツッコミながらも地味に真似しつつ(笑)、Instagramを楽しみましょう。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・今っぽい働き方って結局…。イラストにすると一目瞭然だった
・ダメな私にOKを! アラサーの不安とさようなら【まとめ】
・桜見たさで胸がきゅいきゅい。東京のお花見どこ行こう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP