ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BUMP OF CHICKENがE-Girlsとの頂上対決を制し、貫禄の総合アルバムチャート制覇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム総合チャート“Hot Albums”第38回目では、注目の2組の新作がトップで激突。BUMP OF CHICKENの『Butterflies』がE-Girlsの『E.G. SMILE-E-girls BEST-』を下し、見事首位となった。

 『Butterflies』は前作『RAY』以来、約2年ぶりのBUMP OF CHICKENの新作。昨年、総合ソング・チャート“JAPAN Hot100”で首位となったシングル「Hello,world!」も収録した同作は、CDセールスとルックアップのフィジカル2指標で首位を獲得。デジタルセールスで『E.G. SMILE-E-girls BEST-』の追い上げを受けたものの、最後まで逃げ切った。E-Girlsも近年急速に人気を伸ばす注目のグループだが、今回は2015年末の紅白歌合戦に出場し、国民的バンドと称されるBUMPがその名声を保った。

 その他1位から5位までは2月10日発売の新作が並んだ。映画『X-ミッション』とのコラボも話題のMAN WITH A MISSION『The World’s On Fire』は、総合順位こそ3位に留まったものの、デジタルセールス単独では首位を獲得。今はなきZARDのデビュー25周年ベスト盤は総合4位にランクインした。

 また、ルックアップ順ではback number『シャンデリア』が2位(総合9位)、星野源『YELLOW DANCER』が3位(総合8位)、ゲスの極み乙女。『両成敗』が4位(総合10位)と2015年に大ブレイクを果たした3組が並び、ロングヒット作としての存在感を発揮している。

関連記事リンク(外部サイト)

2月22日付 Billboard Japan HOT Albums
家入レオ『NHKみんなのうた』で話題の新曲「オバケのなみだ」トレーラー映像公開
SKE48 映画『プリパラ』主題歌決定 松井珠理奈「女の子たちにも聴いてもらえる機会が増えるので嬉しい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP