ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAT-TUN「TRAGEDY」、手嶌葵を押さえビルボード総合首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “充電”を発表したKAT-TUN「TRAGEDY」が、約12万枚のセールスで他を引き離し、ルックアップでも1位、Twitterで4位と複数のデータで高ポイントをマーク、初登場で総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。シングル・セールスでは2位のA応P「全力バタンキュー」は約3万枚の売上となり、ルックアップも2位と健闘したが、他データが奮わず、総合4位に留まった。

 パッケージ発売に伴うメディア露出効果も手伝って、手嶌葵「明日への手紙」は先週の18位から総合2位にジャンプ・アップした。セールス2位と好成績であるのに加え、ラジオが35位→16位→3位と順調にオンエア回数を全国的に拡大してランクを上げており、こちらの結果がTwitterや動画再生に次週以降どのように影響するか注目される。

 星野源やワンオクなど、ロング・ヒット中の楽曲が上位にひしめくなか、BIGBANGが「BANG BANG BANG」と「FANTASTIC BABY」の2曲をトップ10に送り込んだ。両曲ともダウンロードとストリーミングでポイントを積み上げ、「FANTASTIC BABY」は240万回超、BANG BANG BANG」で220万回超の国内週間動画再生回数をマークし、それらが両曲を上位に押し上げる結果となっている。

◎【JAPAN Hot100】トップ20

1位「TRAGEDY」KAT-TUN
2位「明日への手紙」手嶌葵
3位「BANG BANG BANG」BIGBANG
4位「全力バタンキュー」A応P
5位「SUN」星野源
6位「海の声」浦島太郎(桐谷健太)
7位「Wherever you are」ONE OK ROCK
8位「夜は眠れるかい?」flumpool
9位「FANTASTIC BABY」BIGBANG
10位「DANCE WITH ME NOW!」E-Girls
11位「Butterfly」BUMP OF CHICKEN
12位「トリセツ」西野カナ
13位「365日の紙飛行機」AKB48
14位「復活LOVE」嵐
15位「世界に一つだけの花」SMAP
16位「whiz」TrySail
17位「white forces」fripSide
18位「未来」コブクロ
19位「夢」GReeeeN
20位「AGEHA」GENERATIONS from EXILE TRIBE
(100位までの全順位は下記リンクにて)

関連記事リンク(外部サイト)

2月22日付 Billboard Japan HOT 100
ボイメン「Wanna be!」、前作に続きビルボード総合で初登場首位獲得
家入レオ『NHKみんなのうた』で話題の新曲「オバケのなみだ」トレーラー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP