ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョ・ソンジン、ショパン・コンクールのライブ盤が再浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Classical Albums Salesは、アルバム『0歳からの育脳クラシック』が首位を獲得。チョ・ソンジン『感動のショパン・コンクール・ライヴ2015』が2週ぶりに再浮上し、2位を獲得した。2015年10月に行われた第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで1位およびポロネーズ賞を受賞したチョ・ソンジン。2016年1月末に来日し、他の入賞者たちとともに入賞者ガラ・コンサートツアーを実施し、今回 再度セールスを伸ばしたと言える。

 3位は、ピアノと作編曲を担当する杉浦哲郎と、ヴァイオリンの岡田鉄平によるユニット“スギテツ”の『スギテツブラボー! キッザ・ムジカ・クラシカ』が獲得。「クラシックを遊ぶ音楽実験室」をテーマに、誰もが知る名曲の数々や環境音を融合させるという面白い試みで、本作でもシタール奏者のサワン・ジョシや、テルミン奏者のクリテツ、さらには聖飢魔IIなど、異色なアーティストたちとのコラボを繰り広げている。3月からは全国12カ所でのツアーも予定されており、さらなる伸びが期待される。

関連記事リンク(外部サイト)

小澤征爾が初のグラミー賞受賞、「仲間たちとこの喜びを分かち合いたい」
ブルックナー没後120年、交響曲ツィクルス全曲演奏をバレンボイム&シュターツカペレ・ベルリンが短期間挙行中
團 伊玖磨作曲「夕鶴」市川右近×千住博×森英恵×佐藤しのぶの豪華キャスト、スタッフ陣で全国ツアー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP