体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【千葉の本気】世界初。そば100%の蕎麦焼酎「花白」が予約を開始ッ!

【千葉の本気】世界初。そば100%の蕎麦焼酎「花白」が予約を開始ッ! 蕎麦焼酎「花白」

こんにちは、じゃらん編集部のたかちです。

早速ですが、焼酎大好き勢のみなさま、朗報です。

蕎麦焼酎「花白(かじろ)」のお披露目会に行って参りました。

世界で初めて開発に成功した、原材料そば100%の蕎麦焼酎だそうです。

しかも、使用したそば全てが千葉県産…!

記事の最後に予約のお問い合わせ先もあるので要チェックです。

千葉県が作った、世界初の100%蕎麦焼酎「花白」

蕎麦焼酎「花白」

日本橋のとあるカフェでお披露目会は開かれました。

蕎麦焼酎「花白」

ステージにずらりと並べられた「花白」。

麹と酵母どちらもそば由来の、世界発の本格蕎麦焼酎とのこと。

これだけ読むと珍しさが伝わりにくいのですが、

基本的に蕎麦焼酎というのは「米麹」と、日本醸造協会が醸造所に配っている「じょうぞう酵母」で作られているそうです。

だからもう、100%そばで作っていて(しかもそれが千葉県産だけで!)だなんて、信じられない事件なのだとか。蕎麦焼酎「花白」今回の「花白」をプロデュースされたやちよ村(株)の平田社長

やちよ村のコンセプトは「超常識な食べ物の開発」。

平田社長の「昔から大切にされてきた発酵の技術を用いて、世界初の蕎麦焼酎を作りました」と力強いご挨拶からお披露目会はスタートしました。蕎麦焼酎「花白」花酵母を研究されている名城大学の加藤さん。「そばの花酵母」を発見した

花酵母というのは、その名の通り花から採れる酵母のこと。

今回の「花白」には、八千代市に咲くそばの花から酵母を採ったそうです。

近年、花酵母を使った日本酒(清酒)が増えているのですが、焼酎に使っているのは初めてとのこと。

「花酵母は究極の地域資源です。その土地だからこその味わいを生み出す。たとえほかの土地で花酵母を取っても、同じ味わいにはならないんですよ」蕎麦焼酎「花白」そば麹、そばの花酵母を使って「花白」を焼酎に仕上げた酒蔵・須藤本家の須藤さん

もちろん、実際に焼酎に仕上げたのも千葉県の酒蔵です。

「須藤本家」は千葉県君津市にあり、明治元年より続く超老舗。

今まで清酒を醸造していたのですが、12年ほど前から焼酎造りを始めたそうです。

そば麹を使った焼酎はまったく初めてだったところ、工夫を重ねてようやく実現したのだとか。

「作っている途中、ものすごくいい香りが蔵中に広がりました。あ、これはいいものができる、と、確信した瞬間でした」蕎麦焼酎「花白」(株)リカープラザの大越さん。花白の飲み方や合う料理をレクチャーしてくれました
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。