ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

総制作時間350時間。パパが娘のために本気で部屋を改造したら・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパのイケメンさにも注目です。

パパ本気のDIYがスゴかった…

まずは、二枚の部屋の写真(Before、After)を見比べてみましょう。こちらが6歳の愛娘リアちゃんの元の部屋。

18ヶ月後、彼女の部屋の隅に大きな木が生えていました。この写真はあくまで、全体のイメージにしかすぎません。ここからは、詳細を見ていきましょう。パパの細部のこだわりように頭が下がります。

総制作時間350時間
18ヶ月にわたる
大リフォームが始まった!

2016年「Dad Of The Year(最も輝いたパパ)」の最有力候補かもしれない、こちらがDIYでデコラティブな部屋を作り上げた父親ロブ・アダムさん。テレビゲームの開発会社に勤めるパパ。じつは仕事でゲーム画面の中に、背景となる木々や建物を日々デザインしてるんだそう。つまり、イメージだけは既にできあがっていた、という訳。それにしたってリフォームを業者に任せず、すべてDIYっていうのがいかにもアメリカのパパらしくて素敵。

まずは、リアちゃんのイメージを形に起こしていきます。木の幹が大きく口を開け中に人が入れて、木の上にもよじ登ることができる。さらに、周辺にはキノコが生えていて鳥や森の動物たちの休まる場所…。
「妖精の棲む森」ような部屋。これがリアちゃんからのオーダーです。

初めての溶接作業

ヤケドだってなんのその


工具は自宅にあるもの。それ以外は、近所の人や友人から借りて揃えました。最も苦労したのは妖精の森の象徴となる「大きな木」。計画では鉄骨を溶接して骨組みを作り、そこにモルタルを付けていくというもの。しかし、溶接作業なんて初めてのアダムさん。YouTubeで溶接の仕方を徹底的に研究し、あとは見よう見まねでトライ!
とここまではOK。でも、実際これが一筋縄ではいかなかったらしく、手にはやけどやあざ、髪の毛が燃えるなんてトラブルもあったようです。

リアちゃんに「パパ、大丈夫?」そう尋ねられるたび、どんなに痛くても笑顔を作ったアダムさん(本人談)。その甲斐あって、ついに木の原型(骨組み)ができあがりました。

次は枝。天井に沿ってぐぐっと部屋じゅうに張り巡らせていきます。

葉っぱをつけるとこんな印象。

さらにデコレーションされた天井。部屋の電気を消すとこんな感じに。ん〜これはムーディー!

「妖精の棲む森」を具現化
細部までディテール◎

リアちゃんのイメージに忠実に、森の動物たちの安らぎの場が少しずつ完成に向かっていきました。

細部までこのこだわりよう。丸窓からは、木の内部の明かりが漏れてくる仕掛けまで。

もちろん、ドアノブまで森の妖精のイメージに合わせ可愛らしく付け替えられています。細部も手を抜かないアダムさん。こうして、制作時間350時間、約18ヶ月にもおよぶ大作がついに完成!

パパ渾身のDIYで、イメージ通り?いや、きっとそれ以上の仕上がりに大満足のリアちゃん。この時期は、寒い外で遊ぶよりも部屋の大木がお気に入りのようです。

ちなみに、このリフォームにかかった費用はおよそ48万円。内訳は鉄骨、電気配線、床材、塗料がその大半。このクオリティならば納得かも?
いま、アダムさんは息子エリオット君のための海賊船ツリーハウスをつくる予定なんだとか。はたしてどんなお部屋になるのか?そちらのクオリティにも注目ですね。

Reference:New York Post
Licensed material used with permission by Rob Adams

関連記事リンク(外部サイト)

「お酒が飲めるスタバ」の新店舗が、本日11/19(木)自由が丘にオープン!
ゴルフ場に恐竜が現れた!?(動画あり)
飲み頃を「鯛の色の変化」で教えてくれるヱビスビール

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP