ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

lynch.、全5日にわたって開催されたメンバー企画ライヴを完走

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月16日(火)に高田馬場CLUB PHASEで行なわれた『lynch. Member Produce 5 Days晁直day「anomalies」』。このイベントはlynch.の各メンバーによるプロデュースライヴで、1月31日(日)の葉月dayを皮切りに、同会場で全5日にわたって開催。無事、5Days完走となった。

初日1月31日(日)の葉月day「奏艶」は、ピアニストの潮崎裕己をゲストに迎えた葉月(Vo)のリサイタル。スーツ姿の葉月は、しなやかなピアノの音色に乗せてシャウト一切なしの美声を披露した。2月1日(月)の悠介day「Acoustic Show【5minus4+α】」では、悠介(Gu)と親交の深い松本明人(真空ホロウ)とのアコースティックギターによるセッションと、いつものlynch.とは異なるゆったりした空間を創り上げた。

2月2日(火)の明徳day「inherit」では、タイトルの「inherit=分かち合い」をテーマに、明徳(Ba)と同郷のバンド、Unveil Razeとの2マンを実施。終盤は明徳がヴォーカル、葉月がベースという特別編成でのライヴで会場を沸かせた。2月15日(月)の玲央day「INDIVIDUAL DIFFERENCE #2」では、自身が“ずっと共演したかったバンド”というHOLLOWGRAMとの2マン。アンコールはバンド結成時のオリジナルメンバーである葉月、玲央、晁直に加え、当時のlynch.サポートメンバーであり、現・HOLLOWGRAMの攸紀(Ba./lynch.サポートベース時代の名前は“ゆきの”)が登場し、懐かしの楽曲を披露した。

そして、最終日は晁直(Dr)day「anomalies」。ステージの一番前にドラムセットを置く斬新なスタイルでライヴがスタート。“今日これから起きる奇跡をお楽しみください”と晁直が言うと、その後は中央のドラムセットが左右に移動し、さらには回転するなどの度肝を抜かれるパフォーマンスに歓声が上がった。初の試みにして大成功に終わった「lynch. Member Produce 5 Days」は、メンバーそれぞれの個性が光る5 Daysとなった。

2月17日(水)21:30~22:00には、SPACE SHOWER TVでlynch.特別番組『MUSIC CAPSULE~lynch. SPECIAL~』が放送(リピート:2月21日(日)22:30~23:00)。また、3月からは全国ツアー「TOUR’16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-」開催と、今後もlynch.の活躍から目が離せない。

Photo by 土屋良太

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP