ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子連れならグアムへ!家族旅行におすすめの観光地とホテル情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: 藤本明香「GUAM – 初めてのグアム満喫旅 –」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
うちには小さい子どもがいるから、海外旅行は無理・・・と、あきらめモードのそこのあなた。グアムなら、子連れ海外旅行の夢がばっちり叶えられるんです! 日本から3時間半で行くことができ、ほとんどの場所で日本語が通じるので困ることがありません。
治安もとても良いから、小さな子どもを連れていても安心です。家族みんなで楽しめる観光スポットも、たくさんありますよ!
今回は家族みんなが笑顔になれるパラダイス、グアムの観光スポットやおすすめホテルをたっぷりとご紹介します!

小さな子どもがいても安心!家族旅行にはグアムがおすすめ

治安の良さが抜群!

グアムの治安は、とても良いことで有名です。観光地から離れたり、夜中の外出を控えればトラブルに遭遇することもほぼ無いと言えるでしょう。買い物をした際にぼったくられたり、ひったくりに遭う心配もほとんど無いので、緊張感を持たずに街を歩けますよ。
子どもとのんびりお散歩やショッピングを楽しむことができるので、とても行動しやすいですね! 

日本からたったの3時間半!アッという間に到着

子連れで旅行をするときに、一番最初に頭に浮かぶ心配は「飛行機で子どもが我慢できるか?ぐずって泣いてしまわないか?」ということではないでしょうか。そんなときにも、グアムは安心です。
成田〜グアム間は片道約3時間半なので、おもちゃで遊んだり、お菓子を渡しておけば子どもが我慢できる範囲内の時間です。機内食を食べたり、機内での時間を楽しんでいる間に到着できます。

お土産屋が豊富!子どもと一緒でも、買い忘れなし

街中にはいくつもお土産を扱う店があるので、購入するのに困りません。ショッピングモールや免税店、スーパーに並んでいる商品は、ほぼ同じものです。なので、子どもの世話に気を取られて買い忘れた・・・と思っても、違うお土産屋に置いているので心配ありません。
お土産屋がたくさんあるので、子どもも楽しく見て周れますよ!

日本語もしっかり通じるので安心

ここは日本? と思ってしまうほど、グアムは日本語が通じます。なにか心配なことやトラブルに遭った場合も、言葉が通じると安心ですね。大人だけの旅行では海外に来た雰囲気をあまり感じられず物足りないかもしれませんが、子連れ旅行の際には安心できる大きな魅力のひとつです。

お得で便利!子どもに持たせても安心なプリペイドカード

海外でのショッピング等には「NEOMONEY」をおすすめします。13歳から利用できるので、クレジットカードを持てない子どもに渡しておいても良いですね。
日本国内でチャージしておくと、ATMで現地通貨を引き出せたり、VISA加盟店ではキャッシュレスで買い物ができる便利なカードです。
ドルなら国内で両替するより6%もお得、しかも入会費や年会費が0円なのもポイントです。紛失しても残高保障サービスが付いているので、子どもも安心して持ち歩けますね。

自然と歴史がいっぱい!グアムのおすすめスポット

1. イナラハン天然プール

Photo credit: Yuka M「I ❤︎ GUAM」

イナラハン天然プールは、波や風、溶岩などにより海水がせき止められてできた自然のプールです。島南東部に位置するイナラハン村にあり、地元の人で賑わうローカルな穴場スポットです。海水のなかを可愛らしい魚が泳いでいるのを見られたり、高台からの飛び込みを楽しむことができますよ。
駐車場以外はすべて自然のままなので、更衣室・シャワー室はありません。

イナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)
住所:Inarajan, Guam
料金:無料

2. フィッシュアイマリンパーク

"Two lover’s point" (CC BY-SA 2.0) by  photonichelle 

恋人岬には、悲しい恋人たちの伝説が残されています。グアムがスペインに統治されていた時代、スペインの総督がグアムの美しい娘に恋をしました。総督は娘の父親に結婚を承諾させましたが、娘には将来を誓い合った恋人がいたのです。
結婚式当日、娘と恋人は手を取り合って逃げ出しましたが、スペイン兵によって岬まで追い詰められてしまいます。逃げ場を失った2人は長い髪を結び合い、岬から飛び降りました。
その伝説から恋人岬と呼ばれるようになり、永遠の愛が成就するスポットとして多くのカップルが訪れるようになりました。
恋人岬の公園内には「恋人たちの鐘」があり、カップルで鳴らして3回ぴったりで止まると幸福になれるというジンクスがあります。ぜひ、大切な人と試してみてくださいね。

恋人岬(Two Lovers Point)
住所:Dededo, Guam 96929
電話番号:671-647-4107
営業時間:7:00~19:00
料金:$3 ※6歳以下は無料
ホームページ:http://puntandosamantes.jp/index.html

6. ハガニア大聖堂バリシカ

Photo credit: Saki Kondo「グアムへ女子ふたり旅」

こちらはグアムで最初に建設され、最も大きく格式あるカトリック教会です。聖堂内にあるステンドグラスは大変美しく、ひと目見ようと多くの人が訪れます。
また、国立博物館も隣接しており、カトリック教についての文献や写真を見学することができます。グアムの歴史について興味がある方におすすめです。入場料は無料ですが、$2ほどの寄付をするようにしましょう。

ハガニア大聖堂バリシカ(Dulce Nombre de Maria Cathedral Basilica)
住所:Hagatna, Guam 96910
電話番号:472-6201
開館時間:(月、水、金)10:00~16:00(木、土、祝日)14:00~16:00
料金:無料

7. ラッテ・ストーン公園

Photo credit: Miz Shige「グアム女子旅。ココス島とタロフォフォ滝&キノコ遺跡の謎を調査(`_´)ゞ」

グアムの首都ハガニアにあるこちらの公園は、ハガニア大聖堂バリシカから徒歩10分ほどの場所にあります。公園内にはラッテストーンと呼ばれる高さ約1.5mほどの石柱が並んでいます。石柱の上には顔のような石が載っており、その姿はまるでこけしのようです。
一見普通の石に見えますが、実はサンゴでできている古代チャモロ文化の遺跡です。グアムの貴重な遺跡に触れられる素敵なスポットです。

ラッテ・ストーン公園(Latte Stone Park)
住所:232 West O’Brien Drive, Agana, Guam 96910, Mariana Islands
電話番号:671-646-5278
料金:無料

8. 子供向けショッピングスポット

Photo credit: Mayumi「女子旅〜のんびり・マイペースにリラックスして過ごした♡2泊3日グアム島わがまま一人旅〜」

グアムには高級ブランドショップだけでなく、子どもが喜ぶものが売っているお店もたくさんあります。またグアムは関税のかからない自由港なので、とても安い値段でショッピングを楽しむことができるんです。
可愛らしい子供服専門店の「エルマー・フォー・キッズ」、たくさんのおもちゃが並ぶ「トゥインクル」、アメリカ全土に店舗があるアウトレットストア「ロス・ドレス・フォー・レス」などの魅力的な商品がお手頃価格で購入できますよ。

絶対に子どもが喜ぶ!グアムの大人気ホテル

1. レオパレスリゾートグアム

Photo credit: Yuka M「I ❤︎ GUAM」

小さな子どもがいる人向けの「ウェルカムベービー」という部屋があり、子どものための設備が揃っています。ゴルフ場やボーリング場、広大な敷地のなかには野球場まであるんです。大きなプールがいくつもあるので、プール巡りをしても楽しいですよ。
さまざまな国の子どもが集まるキッズルームもあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

レオパレスリゾートグアム(Leopalace Resort Guam)
住所:221 LAKE VIEW DRIVE YONA,GUAM 96915
電話番号:1-671-471-0001
ホームページ:http://www.guam.ne.jp/

2. パシフィック・アイランド・クラブ グアム

Photo credit: English: Abasaa日本語: あばさー (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

こちらのホテルでは専属のスタッフがビーチやプール、室内で遊んでくれるキッズクラブがあります。ミニゴルフやマリンスポーツなど無料で楽しめるアクティビティが豊富に用意されているので、時間を持て余すことはありません。
外国の子どもと触れ合えるので、国際交流の一環としてとても人気があります。キッズクラブに子どもを預け、大人だけで休息するのにもぴったりですね。

パシフィック・アイランド・クラブ グアム(Pacific Islands Club Guam)
住所:Pacific Islands Club Guam 210 Pale San Vitores Road, Tumon Bay, Guam 96913
電話番号:1-671-646-9171
ホームページ:http://www.picresorts.jp/pic_guam/

3. オンワードビーチリゾート

Photo credit: Haruka「女子旅バカンス」

楽しいプールがいくつもあり、迫力満点のウォータースライダーは子どもたちにも大人気です。流れるプールや波の来るプールなどで、子どもから大人まで思いっきり楽しめます。もちろん幼児用の小さなプールも用意されているので、安心して遊べますよ。
部屋には美しい海を見ながら入れるバスタブがあり、贅沢なひとときを過ごせます。

オンワードビーチリゾート(Onward Beach Resort)
住所:445 Governor Carlos G. Camacho Rd,Tamuning, Guam 96913
電話番号:1-671-647-7777
ホームページ:http://www.onwardguam.com/hotel/

4. ハイアット リージェンシー グアム

"Hotel Nikko Guam" (CC BY-SA 2.0) by  kosabe 

日本人スタッフが多くいるので、言葉が通じないという心配もなく快適に過ごせます。ホテルの前に広がるビーチは、透き通っていてとても綺麗ですよ。遠浅なので、子どもでも安心して遊べます。
ホテルのプールやキッズクラブなど施設も充実しているので、子どもも飽きることなくグアムを満喫できます。

ホテルニッコー グアム(HOTEL NIKKO GUAM)
住所:Mailing Address: P.O.Box 12819 Tamuning, Guam 96931
電話番号:1-671-649-8815
ホームページ:http://www.nikkoguam.com/

おわりに

小さな子どもがいる家族も安心して楽しめる海外旅行先、グアム。おすすめしたい理由を、たっぷりとご紹介しました。
日本語が通じるので安心して街を歩けたり、プリぺイドカードを利用すればお得に両替できたり、素敵な観光スポットもたくさんありましたね。ホテルもそれぞれに違った魅力があるので、吟味して選んでくださいね。
今年の家族旅行は、みんなで楽しくグアムを訪れてみてはいかがでしょうか?

ライター: Ayaka Komiyama
Photo by: 藤本明香「GUAM – 初めてのグアム満喫旅 –」

関連旅行記

*Mayumi「女子旅〜のんびり・マイペースにリラックスして過ごした♡2泊3日グアム島わがまま一人旅〜」
*Masayuki Oka「グアム 2012」
*Haruna Nss「お馬鹿三人がグアムでローカル的に120%満喫した二泊三日THE卒業旅行!!!!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP