体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紫式部が”非モテ腐女子”? 現代風「源氏物語」がミュージカルに

左から、大河さん、ぽこたさん、富田さん、Kimeruさん

 あの有名な紫式部がなんと”非モテ腐女子”に。その溢れんばかりの妄想力と文才を駆使して発行した同人誌『源氏物語』シリーズが宮廷で大ブレイク――そんな予想の斜め上を行くニコニコミュージカル第7弾『源氏物語』の準備が着々と進んでいる。公演に先駆けて、制作発表記者会見が2011年9月6日ニコファーレで開かれた。

・ニコミュ『源氏物語』制作発表会の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np82135

 ニコニコミュージカルとは、ニコニコ動画で生中継されるミュージカルで、これまでの作品には人気のボーカロイド曲を原作にしたストーリーや、ニコニコ動画で注目されているものが取り入れられてきた。今回のニコニコミュージカル第7弾『源氏物語』では、ニコニコ動画の”歌ってみた”等で活躍しているぽこたさんが光源氏を演じる。

 今回の会見は、一風変わった形式だ。始まってすぐ、光源氏と、富田麻帆さん扮する14歳の紫の上のきわどい会話が繰り広げられた。観ているほうが恥ずかしくなってくるような寸劇は、実は”非モテ腐女子”・紫式部の妄想が生んだ、宮廷で超人気の同人誌という設定。

「きゃー急展開ね、急展開!」「この巻、売れまくりますよ~!」(紫式部の取り巻き)

「でもそうやって大衆に受け入れられちゃうのってさあ、同人作家としてある意味アウトじゃん?」(紫式部)

 そんな紫式部たちの会話に、会見の中継を見ていたニコニコ生放送の視聴者からは「ちょwwwwwwwww」「壁サーww」等のコメントが集まり、どよめいた様子だった。

 ぽこたさん、富田さんのほかにも、会見には、演出の湯澤幸一郎さん、脚本の喜安浩平さん、音楽の住友紀人さん、出演者の大河元気さん、Kimeruさん、高木俊さん、平田裕一郎さん、川隅美慎さん、冨士枝千夏さん、エグゼクティブプロデューサーの片岡義朗さん、ミュージカルを主催する株式会社ドワンゴの川上量生会長が登壇し、作品への意気込みを語った。

 公演は11月16日(水)から11月23日(祝・水)、全労済ホールスペース・ゼロ(新宿)にて行われる予定。

◇関連サイト
・ニコミュ『源氏物語』制作発表会の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np82135
・[ニコニコ生放送]ニコミュ『源氏物語』制作発表会の「寸劇」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62397799?po=news&ref=news#09:16
・ニコニコミュージカル第7弾 源氏物語 – 公式サイト、チケット情報
http://info.nicovideo.jp/nicomu/genji/

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会