ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの街は“狡猾な侵略者”にねらわれている 見えない脅威を体感するSFスリラー『エイリネイト-侵略地区-』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

もしも自分の暮らす街が、突如見えない何かに侵略され始めたら……。そんな恐怖のなかでパニックに陥る街の様子を、リアルタイムのごとく体感できるSFスリラー『エイリネイト-侵略地区-』が、ヒューマントラストシネマ渋谷『未体験ゾーンの映画たち2016』にて2月23日(火)より公開されます。

冷め切った結婚生活をおくる主人公デヴィッドは、妻を置いて遠くデンバーへと出張に。そんななか、原因不明の飛行機墜落事故がアメリカ各地で連続発生。それは、地球を侵略しようとする何者かによって引き起こされたものだったのです。見えない脅威に逃げ惑う人々。果たして彼らの目的とは一体何なのか……?

映画『ミスト』で深い霧にひそんで人々をパニックに陥れる“侵略者”が描かれたように、今作では暗闇のなかでうごめきなかなか姿を現さない“侵略者”が描かれるとのこと。“狡猾な方法”で住民を皆殺しにしようとしてくる“侵略者”。予告編では、恐怖に怯えるデヴィッドの妻の声とともに、人々が我を失い、地獄絵図となった街の様子を見ることができます。

予告編が表示されない方はこちら

映画『エイリネイト-侵略地区-』は2月23日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷『未体験ゾーンの映画たち2016』にて公開。オンライン上映は3/5(土)よりスタートです。どうぞ、お楽しみに。

関連記事:リメイク版『マーターズ』も“怖すぎ整形ママ”も“サメタコ合体映画”も! 『未体験ゾーンの映画たち』がオンラインで観られるぞ

未体験ゾーンの映画たち2016公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016[リンク]

『エイリネイト-侵略地区-』
CAST ブレイク・ウェッブ、テイタム・ラングドン、ジャクリン・ヘイルズ
STAF 監督:マイケル・シャムウェイ 脚本:リック・ハンズベリー 音楽:ジェームズ・シェーファー 撮影:ブレント・ローランド
2016/アメリカ/カラー/英語/86分 配給・宣伝 ファインフィルムズ
(C)Copyright 2014 Shumway Studios LLC

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP